中国とロシアは近代史における厄介者だ。東では日本が、西ではドイツがその火の粉を防ごうとして大火傷をした。何の防衛手段もとらなかった朝鮮とポーランドは亡国の憂き目にあった。今現在、日独を非難してやまない米と英が仮にそれぞれ日独の立場にあったなら同じ行動をとらざるをえなかっただろう。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

あの戦争に関する真実を広めるため、また反日プロパガンダを粉砕するため手弁当で活動を続けております。皆様のサポートがいただけるとたいへん助かります。

ありがとうございます。とても励みになります。
1
歴史認識問題に関する海外の議論などを翻訳して、日本の読者に紹介するウエブメディアを運営しています。是々非々の立場で間違ったものはやはり間違っているときちんと主張すべきだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録