見出し画像

【「景岳全書」婦人科を読む】3.婦人規下 3-7.前陰類 陰挺七十七(本文②)

【本文②】

水楊湯, 治婦人陰中生物癢痛, 牽引腰腹, 多由房事太過, 或因淫慾不遂, 或因非理所為, 以致陰戶有傷, 名曰陰挺。 金毛狗脊, 五倍子, 枯礬, 魚腥草, 水楊根, 黄連各一両。 右為末, 分四剤, 用有嘴瓦罐煎湯, 外預以竹筒去節, 接罐嘴, 引熱気薰入陰中, 或透挺上。 俟湯温, 仍用洗沃之。 仍服治挺諸薬。

続きをみるには

残り 570字
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。