_景岳全書__婦人科を読む_

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-2.經脉類 崩淋経漏不止十二(2)

【本文②】

陰陽別論曰: 陰虚陽搏謂之崩。 百病始生篇曰: 陽絡傷則血外溢, 陰絡傷則血内溢。 故凡陽搏必属陰虚, 絡傷必致血溢, 知斯二者, 而崩淋之義及治療之法, 思過半矣。 惟是陰虚之説, 則但傷營気, 無匪陰虚而五臓之陰皆能受病, 故神傷則血無所主, 病在心也; 気傷則血無所従, 病在肺也; 意傷則不能統血攝血, 病在脾也; 魂傷則不能畜血蔵血, 病在肝也; 志傷則不能固閉真陰, 病在腎也。

この続きをみるには

この続き: 1,724文字

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NISHIZUKA LABO

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。