見出し画像

【「景岳全書」婦人科を読む】3.婦人規下 3-6.癥瘕類 血癥七十三(本文⑥)

【本文⑥】

婦人久癥宿痞, 脾腎必虧, 邪正相搏, 牢固不動, 気聯子臓則不孕, 気聯衝任則月水不通。 内治之法宜如前, 外以阿魏膏貼之, 仍用熨痞方, 或用琥珀膏亦可。 然必須切慎七情及六淫, 飲食起居, 而不時隨証調理, 庶乎可癒。

続きをみるには

残り 1,103字
この記事のみ ¥ 100

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。