_景岳全書__婦人科を読む_

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-2.經脉類 崩淋経漏不止十二(12)

【本文⑫】

王叔和曰: 五崩何等? 曰: 白帶者, 形如涕; 赤崩者, 形如絳津; 黄崩者, 形如爛瓜; 青崩者, 形如藍色; 黒崩者, 形如衃血也。
立齋曰: 前証治法因脾胃虧損不能攝血帰源者, 用六君加芎, 帰, 柴胡。 若因肝経之火而血下行, 用奇効四物湯, 或四物加柴, 梔, 苓, 朮。 若肝経風熱而血妄行, 用加味逍遙散, 或小柴胡加梔, 芍, 丹皮。 若怒動肝火而血沸騰, 亦用前薬。 若脾経鬱結而血不帰経, 用帰脾加柴, 梔, 丹皮。 若悲傷胞絡而血下崩, 用四君加柴, 梔, 升麻。
附按: 大尹王天成之内久患崩, 自服四物涼血之剤, 或作或徹。 因怒発熱, 其血不止 , 服前薬不応, 乃主降火, 更加脇腹大痛, 手足俱冷。 余曰: 此脾胃虚寒所致。 先用附子理中湯, 熱退痛止, 又用[濟生]帰脾湯, 補中益気湯, 崩血頓癒。 若泥痛無補法, 則誤矣。
血崩簡易方
一方, 治風熱血崩, 用荊芥穗燈火燒焦為末, 毎服一二錢, 童便調服。
一方, 治血崩, 用陳槐花一両, 百草霜半両, 為末, 毎服一二錢, 燒紅秤錘焠酒服。
崩漏論外方
增損四物湯婦百十虚不固攝。 一味防風散婦百十五肝経風熱血崩。 防風黄芩湯婦一二参風熱血崩。 棕灰散和二一五固渋崩漏。 柏葉散婦一二一虚弱久崩。 龍脳雞蘇丸和参七二虚火崩淋下血。

この続きをみるには

この続き: 1,617文字
記事を購入する

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-2.經脉類 崩淋経漏不止十二(12)

NISHIZUKA LABO

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

スキありがとうございます!
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com

こちらでもピックアップされています

週刊 にしずかラボ
週刊 にしずかラボ
  • ¥300 / 月
  • 初月無料

経絡治療の学びをサポートします。経絡治療の蔵象学・講義ビデオ・漢方講座・経絡治療Q&Aなどを配信。毎週少しずつ一緒に学びましょう。月額300円。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。