続経絡治療Q_A

【Q&A】術前術後の漢方薬の選び方

Q.

膀胱癌の患者です。添付したように患者の舌はひどい痰熱です。先週内視鏡でガン細胞をこそぎ落とした手術後は、舌の色は多少赤みが減りましたが、まだドス暗い紫です。苔は同じです。

脈は弦で強く、2ヶ月前に転んで腕の筋肉をつなげる手術をしたから、脈が時々スキップするようになったそうです。1,2,3,とリズムが同じで来て、4が欠けて、5になるという不整脈です。全体的に元気な人で、怒りやすく短気、喫煙、飲酒毎日です。暑がり。睡眠は5時間で十分。

今は膀胱と腎臓から毒熱と毒湿(すみません、toxic heat, toxic dampの日本語訳正しいでしょうか?)をとる処方を与えています。メラトニンやAHCCなどのサプリも加えています。

質問です

4週間後に、膀胱とその周辺を削除する手術をします。教科書では手術前には四君湯、八珍湯、補中益気湯、七味地黄丸などを処方するとということですが、こんな実症の患者でも手術の前はを処方しても大丈夫でしょうか?処方するとしたら何日前からがいいでしょうか?また、選び方は?


この続きをみるには

この続き: 471文字
記事を購入する

【Q&A】術前術後の漢方薬の選び方

NISHIZUKA LABO

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NISHIZUKA LABO

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

スキありがとうございます!
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com