見出し画像

【「景岳全書」婦人科を読む】3.婦人規下 3-6.癥瘕類 気瘕七十五(本文①)

【本文①】

瘕者, 仮也。 所謂仮者, 謂其形雖若癥, 而原無根窠, 非若癥痞之堅頑有形者也。 蓋有形者, 或因血積, 或因食積, 積有定形, 所不可移易者也。 無形者, 病気在気分, 気逆則甚, 気散則緩, 聚散無根者也。 惟其無根, 故能大能小, 或左或右。 或近脇肋而如臂如指, 則謂之剥癖; 或下臍腹而為脹為急, 則謂之疝瘕。
[難経]曰: 病有積聚, 何以別之? 然, 積者陰気也, 陰沈而伏。 聚者陽気也, 陽浮而動。 故積者五臓之所生, 聚者六腑之所成也。
然則癥由於積, 積在陰分而有淵藪, 故攻之非易; 瘕由於聚, 聚在陽分而猶烏合, 故散之非難, 此癥瘕之弁有如此。 惟散之之法, 最有因通因塞之妙用, 而人多莫之知也。

続きをみるには

残り 1,831字
この記事のみ ¥ 100

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。