見出し画像

【「景岳全書」婦人科を読む】3.婦人規下 3-7.前陰類 陰挺七十七(本文①)

【本文①】


婦人陰中突出如菌如芝, 或挺出数寸, 謂之陰挺。 此或因胞絡傷損, 或因分娩過労, 或因鬱熱下墜, 或因気虚下脱, 大都此証当以升補元気, 固渋真陰為主。 如陰虚滑脱者, 宜固陰煎, 秘元煎。 気虚陷下者, 補中益気湯, 十全大補湯。 因分娩過労気陷者, 壽脾煎, 帰脾湯。 鬱熱下墜者, 龍膽瀉肝湯, 加味逍遙散。

続きをみるには

残り 874字
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。