見出し画像

【「景岳全書」婦人科を読む】3.婦人規下 3-7.前陰類 陰腫七十八(本文①)

【本文①】

婦人陰腫, 大都即陰挺之類。 然挺者多虚, 腫者多熱。 如気陷而熱者, 升而清之, 宜清化飲, 如柴胡, 防風之属。 気閉而熱者, 利而清之, 宜大分清飲, 徒薪飲。 肝腎陰虚而熱者, 加味逍遙散。 気虚気陷而腫者, 補中益気湯。 因産傷陰戶而腫者, 不必治腫, 但調気血, 気侐和而腫自退。 或由損傷気滞, 無関元気而腫者, 但以百草湯薰洗之為妙。

一方: 治陰中腫痛。 用枳殼半斤, 切, 炒, 乗熱以帛裹熨之, 以消其外; 仍用少許乗熱裹納陰中, 冷即易之, 不参次癒。

一方: 用小麥, 朴硝, 白礬, 五倍子, 恶白煎湯浸洗。

甘菊湯: 治陰戶腫。 用甘菊苗葉不拘多少, 搗爛, 以百沸湯淋汁薰浸洗之。

続きをみるには

残り 1,334字
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。