見出し画像

「負けのない普遍的なビジネス戦略」

本格的なグルコン始動

PONS PRESS COMの人材育成事業において
これまで、あらゆる悩みや課題を抱えている、あらゆる立場の老若男女のためのグループコンサルティングを何百回と重ねてきました。
一方で、本格的な経営コンサルティングはプライベートコンサルにて行ってきました。

歳月が流れ、
参加者たちが本格的にビジネスをはじめたり、
時代の後押しで起業するという参加者が増えたり、
時代の変化により今まで行ってきたビジネスの限界を感じているという声を聞いたりと、
多くの方が変化のタイミングを迎えているようです。

そんな中、
「腹と腰を据えてビジネスを展開し続けていきたい。」
「目先のことだけでなく生涯を通じて自分の人生と仕事を見つめ直したい。」
「小手先の手法ではなくビジネスの真髄に触れたい。」
「生き切ることができるビジネス活動をしたい。」
という声が増えてきました。

「どのような意識でビジネスにとりくんでいくかによって、心身・人間関係・経済とあらゆる領域に渡り、向かう方向も広がり方もまったく違う。」
「この変化のタイミングでそこをどうするかで、まったく違う。」
運営チームのメンバーが、上記のようなことを強く実感しはじめたという背景もあり、満を辞してこのグルコンを企画しました。

変化への一歩を出し始めている方が、確実に現実を動かしていく刺激と具体的アドバイスを受ける場としてご活用いただけたらと思います。

基本的にはビジネスコンサルティングですので、具体的な方向性や視野を広げるアプローチが中心となりますが、前に進んでいくための行動特性を得たい方、メソッドを実践しているが頭打ちしている方などの意識と行動変化のための場としての活用も可能です。
経営面についても、経験豊富な経営コンサルタントの指南は、現実的かつ柔軟です。

このグルコンの特徴

昭和・平成・令和と三つの時代をまたぎ
のべ何万人に全国で経営コンサルティングを行ってきた
トラディショナルと革新両方を兼ね備えた経営コンサルタントによる本格的なグループビジネスコンサルティングです。

昭和の激動の時代を生き抜いた経営者たちの熱を受け継ぎ、
変化を加速しはじめたこの時代の様相と本質を鋭い感性で捉え、
独自の創造力・経験値に裏打ちされた直感力・柔軟な構築力を駆使し、
それをひとりひとりという個性に照らし合わせ、
知識だけでは成し得ない指南を行ってきた強者の力を
本気で借りにいきます。

多様化・主体性の時代といわれますが、広くそれが認知表面化されてきたという現象がこの時代ともいえます。
いつの時代もそれらを体現してきた個性は存在します。

どんな時代がきても、芯の熱は失わず、創造し続けていこうとするならば、
小手先のテクニックや知識だけではなく、触れておくべき哲学やメカニズムがあります。
そして、体現した者でないと映し出せない領域があります。

このグルコンは哲学講座や整体師育成指導などで精力的に活動している現役講師であり実業家でもある経営コンサルタントが担当します。
過去のデータが通用しないこの時代には必須の底力を伝えることができる稀有な講師です。

コンテンツプロデューサーがアシスタントとして入ります。

主催と司会は
MC代行やファッションコンサルタントなどの事業されている
「edgy boots」さんです。

ヒント

表層で翻弄され続けるのは、今盲点となっているところに光を当てる機会を無意識につくらない今の行動特性に起因します。
その行動特性を自覚しない限りは社会や自らにとって実のない表層の発展と衰退の繰り返しに甘んじるほかありません。

では、自分という存在と環境のあらゆるレイヤーを生かし切っていくには
どう意識し、どう行動していくとよいのでしょうか。
共通のメカニズムもありますが、ひとりひとりにとっての現在地も異なり、調整と変化のポイントも異なります。
さらには、そもそも今ある目の前の具体的な課題がちゃんと観えているかどうか。という主体の問題もあります。
ここからの領域は、活字で触れることができる領域ではありませんので、現場でのプロのコンサルタントの手腕に委ねたいと思います。

◇講師◇
守田哲朗

◇講師の特徴◇
所属団体なし。完全フリーで活動。
目の前の人にとっての、濁りのない最善を伝えます。
身体や意識のプロとして、経営だけでなくトータルにコンサルティングします。

詳細は以下のページをご覧ください。

(文責:株式会社 PONS PRESS COM 代表 尾崎由美子)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
「株式会社 PONS PRESS COM」のページです。 京都を拠点に創り続ける人のバックアップのコンテンツや場をプロデュースしています。 公式サイト:ponspresscom.jp