見出し画像

安倍内閣の支持率と政党支持率

本日はこちらのニュース。

時事通信が行った8月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比2.4ポイント減の32.7%、不支持率は同2ポイント増の48.2%だった。第2次政権発足以降、支持は2017年7月の29.9%に次いで2番目に低く、不支持も同月の48.6%に次ぐ高さとなった。新型コロナウイルス感染拡大への政府対応を「評価しない」と答えた人は59.6%で、「評価する」の19.4%を大きく上回った。

安倍内閣の支持率が8月も悪い結果となったようです。

「Go To トラベル」キャンペーンが特に評判が悪いようでして、

感染が全国で再拡大する中、政府が観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンを7月下旬に始めたことについて、「早過ぎる」が82.8%を占めた。「適切だ」は9.0%、「遅過ぎる」は4.0%だった。

感染者数が増えている状況下でなぜ行うのか、と思うのが多数派の感覚のようです。

マスコミが連日感染者数を報道して、不安を煽っているにもかかわらず、移動してくださいという趣旨の政策はちょっとよく分かりませんもんね。

それでも安倍内閣を支持するという人もいるんですが、その理由がなかなか絶望的でして、

内閣を支持する理由(複数回答)は「他に適当な人がいない」が最多の17.8%で、「首相を信頼する」7.1%、「リーダーシップがある」5.4%と続いた。

「他に適当な人がいない」が一位。つまり日本の政治家の中で政治を任せたいと思えるような人がいないということですね。回答している人が普段からどれくらい政治について情報収集しているのか分かりませんし、自分と主義主張が全く一緒の人などいないでしょうからある程度消去法で選ぶことも致し方無いとは思いますが、悲しい結果となっております。

政党支持率も出されていました。

政党支持率は、自民党が24.2%、立憲民主党が3.5%。以下、公明党3.3%、共産党1.6%、日本維新の会1.5%、国民民主党0.6%、れいわ新選組0.6%、社民党0.5%、NHKから国民を守る党0%で、「支持政党なし」は61.6%だった。

野党は立憲民主党が一番支持率が高く、続いて共産党、日本維新の会と続きます。維新は人気なんですよねぇ。改革系は日本人が騙されやすいのでしょうか。

そして圧倒的多数の「支持政党なし」。まぁこれは難しいところで私も支持政党を聞かれたとしてもなんと答えるかには困ると思います。期待をしているのは、一部の自民党議員と国民民主党、れいわ新選組ですが、どこかに肩入れしているつもりもないですし、政権奪取に有力そうなところがあればそこを支持するという感じですかね。

支持率が下がっている状態であれば、安倍内閣も国民の言うことを聞くと思いますから、消費税減税(廃止)、粗利補償、現金給付、これらの政策をなんとしても実現して欲しいところです。

国民を救う経済政策が実現することを祈ります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは就職活動の交通費などに充てようと思っています。

嬉しいです!
4
大学4年時に就職活動をするも最終面接で怒られメンタル崩壊→大学にも行けなくなり留年→半年間休学→翌年20年に卒業→就活をしているフリーターです。 反緊縮・反構造改革・反グローバリズム的な考えが強いです。