見出し画像

色彩検定:公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた【完全版】

こんにちは、1級 色彩コーディネーターの石川です(@shikisai_online)。

この記事では、色彩検定 2020年改定版の公式テキスト(新テキスト)に関する概要を紹介しつつ、新版と旧版の内容違いなどを検証しています。

【はじめに】このnoteは私が運営している独学情報ブログ「色彩検定ONLINE」に掲載中の「公式テキストの改定(2020年改定)について」の完全版です。

■ 公式テキストの改定について

画像7

色彩検定では 2020年から1~3級の公式テキストが新しくリニューアル(改定)されました。※UC級は変更なし

前回の改定が2009年だったので、実に10年ぶりの改定ということになります。

色彩検定では、基本的に「公式テキストの内容=試験範囲」となるため、2020年度からは、各級の試験範囲・内容が これまでと異なることになります。

これから 独学受験を考えている皆さんは、必ず新テキスト(2020年改定版)を購入するように注意しましょう。

・新テキスト(2020年改訂版)

画像4

こちらが 新テキスト(2020年改訂版)です。表紙に大きくAFTのロゴがあしらわれています。

2020年度夏期試験(6月実施)より、このテキストの内容が出題されます。これからテキストを購入する方は、必ずこちらを購入しましょう。

【メモ】UC級は2018年開始の新しい級なので、今回は改定されていません。従来のテキストがそのまま使用できます。

・旧テキスト(2009年改訂版)

画像5

こちらが、旧テキスト(2009年改訂版)です。表紙の水玉模様が特徴です。

過去に発行されたものの中には、左上の色彩検定協会ロゴが古いバージョン(三角形のもの)もありますが、中身は同じものです。

画像6

2.3級の場合は 2020年度夏期(6月実施)まで、1級の場合は 2020年度冬期(11月実施)まで、このテキストで対応可能です。

:試験の経過措置

いきなりテキスト(試験範囲)が切り替わってしまうと、過去に旧テキスト(2009年改訂版)を購入し、試験を目指していた受験生に不利になってしまいます。

そこで、色彩検定協会では 以下の試験までは、旧テキスト(2009年改訂版)でも受験が可能なように、経過措置を講じています。

-------------------

・2.3級:2020年度 夏期検定(6月実施)まで対応可
・1級:2020年度 冬期検定(11月実施)まで対応可

-------------------

これにより、2020年度の夏期試験(2.3級)と冬期試験(1級)に関しては、新旧いずれのテキストで学習しても不利にならない出題が行なわれます。

具体的には、新テキストのみ、もしくは旧テキストのみにしか記載がない項目については、出題が見送られるものと思われます(あくまでも予想)。

2021年度以降は、完全に新テキスト(2020年改訂版)に沿った形で出題が行われます。

■ 新旧テキストの項目を比較

「新テキスト(2020年改訂版)」と「旧テキスト(2009年改訂版)」の内容を比較し 表を作成してみました。

表は 各テキストの目次をもとに、各章項目と 主要内容を一覧にしたものです。旧版の内容が、新版で別項目に統合されている例もあり、項目の増減がそのまま内容の増減を表わすわけではありませんので ご注意ください。

【お知らせ】色彩検定オンラインでは比較表の一部を限定公開していますので記事購入の参考にしてみてください(限定公開版はコチラ)

この続きをみるには

この続き: 899文字 / 画像3枚

色彩検定:公式テキストの改定(2020年改定)について:新旧版を比較してみた【完全版】

色彩検定オンライン:独学情報ブログ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
1級色彩コーディネーター石川が運営している独学情報ブログのnoteです。 【経歴】独学で色彩検定1級に合格し色彩コーディネーターの活動をスタート。UC(色のユニバーサルデザイン)アドバイザー取得。 【ブログ】https://shikisaikentei-online.com/