Recovering the Truth about the Comfort Women
見出し画像

Recovering the Truth about the Comfort Women

piyoco

慰安婦の真実を回復する


by Mark Ramseyer ,  January 12, 2021 

マーク・ラムザイヤー  2021年1月12日

元記事https://www.google.co.jp/amp/s/japan-forward.com/recovering-the-truth-about-the-comfort-women/amp/


As academics, we are used to dealing with exaggerations. We are not used to finding that the story is pure fiction. But that is the nature of the comfort-women-sex-slave story.

学者として、私たちは誇張表現を扱うことに慣れているが、その物語が完全な作り話であると発見することには不慣れである。だが、これこそが慰安婦・女性・性奴隷の物語の本質なのである。



It’s been a bizarrely unending story.

それは奇妙なほどに終わりのない物語であった。

Elderly Korean women claim to have been forced at Japanese bayonet-point to work as sex slaves. The Japanese government replies that the Korean government waived claims like this by treaty in 1965. But it expresses sympathy anyway, and offers more money. Koreans still complain.

韓国の高齢女性が、日本軍に銃剣を突きつけられ強制的に性奴隷として働かされたと主張する。日本政府は、韓国政府は1965年に条約でこのような請求権を放棄したのだと答えた。しかし、日本政府はとにかく同情を表し、更に多くの金銭を提供する。だが韓国人の不満は止まることはない。

The Japanese government apologizes again, offers more money, and the Korean government promises never to raise the question again. Then a new political party takes power, declares the Japanese apology insincere, and starts the process all over again.

日本政府は再び謝罪し、更に金銭を提供し、ついに韓国政府は二度とこの問題を提起しないことを約束した。だがその後、新しい政党が政権を取り、日本の謝罪は誠実ではないと言い出し、同じプロセスを繰り返すのだ。

Expressing sympathy to elderly women who have had a rough life is fine. Paying money to an ally in order to rebuild a stable relationship is fine.

苦しい生活を送ってきた高齢の女性に同情するのはいいだろう。安定した関係を再構築するために同盟国に金を払うのも良しとしよう。

But the claims about enslaved Korean comfort women are historically untrue. The Japanese army did not dragoon Korean women to work in its brothels. It did not use Korean women as sex slaves. The claims to the contrary are simply ー factually ー false.

だが、韓国人慰安婦は性奴隷にされたという主張は、歴史的に真実ではない。日本軍は韓国人女性を売春宿で無理やり働かせていたわけではないのだ。韓国人女性を性奴隷にしたわけでもない。これに対抗する主張は、単に、事実として間違っているのである。


The Contracts 

契約

During the 1930s, the Japanese military decided it needed brothels that would agree to keep the risk of venereal disease in check. It was not short of prostitutes. Prostitutes follow armies everywhere, and they followed the Japanese army in Asia.


1930年代、日本軍は売春宿で性病のリスクを抑えるためのチェック体制が必要だと考えた。売春婦には事欠かなかった。売春婦はどこの国でも軍隊についてくるもので、彼らはアジアに駐屯する日本軍にもついてきた。

But many of the prostitutes that followed its army had venereal disease. For an army, disease can be debilitating. To maintain an effective military force, the army needed brothels that required condom usage, that required prostitutes and clients to use disinfectant after every encounter, and that required their prostitutes to undergo weekly health examinations.

しかし、それらの売春婦の中には性病を患っている者が多かった。軍隊にとって、病気は弱体化の要因となる。軍隊を維持するためには、コンドームの使用を義務づけ、売春婦と客が会うたびに消毒し、売春婦に毎週健康診断を受けさせるような売春宿が必要だった。

Hence, the army proposed a system: if a brothel agreed to these terms, it would designate it a “comfort station,” and prohibit its soldiers from patronizing any competing installations.

そこで陸軍は、これらの条件に同意した売春宿を「慰安所」とし、兵士が他の売春宿を利用することを禁止する制度を提案した。

To hire Korean prostitutes, the brothels used variations on the contracts that the licensed prostitutes used within Japan. Prostitution is obviously dangerous and unpleasant. Even women otherwise interested in the job take it only if the pay is high enough to compensate for those dangers and difficulties and for the reputational hit they will incur.

韓国人売春婦を雇う場合、売春宿は日本の職業売春婦と同様の契約を売春婦と交わした。売春は明らかに危険で不愉快なものだ。売春をしたい女性でも、その危険性や辛さ、風評被害を補うだけの高額な報酬がなければ、この仕事に就きたいと思わなかっただろう。

A brothel owner can promise a woman that she will earn high pay, but he has an incentive to lie, and she knows he has an incentive to lie. He can offer her a fixed wage, but then she will have an incentive to shirk. After all, she works in an unmonitored setting. If she is sufficiently unpleasant that no one asks for her at the front desk, so much the better.

売春宿のオーナーは売春婦に高給を約束することができるが、オーナーには売春婦を騙すことの動機があり、また売春婦側も、オーナーが嘘をついて金を騙し取る動機があることを知っていた。また、固定給を提示することもできたが、そうすると売春婦は仕事をサボって給料を得るという動機が働いてしまう。結局のところ、売春婦は監視されない環境で働いている。働いても働かなくても給料が同じなら、売春婦が不愉快な女で誰もフロントで彼女を指名しないなら、それに越したことはないのだ。

The brothels and prostitutes solved these problems by coupling a high up-front payment with a maximum service term that the prostitute could reduce by working hard. More specifically, Tokyo brothels paid new prostitutes an upfront fee that typically ranged from 1000 to 1200 yen. In addition, it paid her room, board, and a fraction of the revenues she generated.

このような問題を解決するために、東京の売春宿では、高額な前金と、娼婦が努力することで働く期間を短縮できるシステムを組み合わせた。具体的には、東京の売春宿では、新人売春婦に1000円から1200円程度の前金を支払い、後からこれに加えて、部屋代、食事代、彼女が稼いだ一部を宿の収入から還元して支払ったのだ。

She agreed to work for a maximum of (usually) six years, and the brothel agreed to let her quit early if she generated enough revenue to repay the advance before that. The stereotype that brothels manipulated accounts to keep the women locked in “debt-slavery” is simply not true. Most Tokyo prostitutes paid back their advances early and quit in about three years.

売春婦は最長(通常)6年間働くことに同意し、売春宿側はもし彼女がその期日までに前金を返済できるだけの収入を得られれば、早期に辞めることに同意した。売春宿が会計を操作して女性を「借金の奴隷」にしていたという固定観念は、まったくの誤りなのだ。東京の売春婦のほとんどは、前金を早めに返済し、約3年で辞めている。

Licensed prostitutes in pre-war Korea used similar contracts. Typically, they served under three-year-maximum contracts rather than the six in Japan. As in Japan, most left the industry by their mid-20s.

戦前の韓国の娼婦も同様の契約をしていた。日本のような6年契約ではなく、3年契約が一般的だった。日本と同じように、ほとんどが20代半ばでこの業界を辞めていった。

Other Korean women worked as unlicensed prostitutes. And even before the Japanese military began its comfort-station network, Korean women fanned out on their own across Asia to work as prostitutes.

また、無許可の売春婦として働く韓国人女性もいた。彼女たちは日本軍が慰安所ネットワークを開始する前から、アジア各地で独自に売春をしていたのだ。

Working at a comfort station in war-torn China or Southeast Asia was a more dangerous job than working in Seoul. There was the risk of war. There was a much higher risk of disease. And should the brothel prove abusive, a prostitute would find it harder to leave the brothel and fade into the comfortable anonymity of a Korean city. To take these jobs, the Korean women demanded and received very high pay. They worked shorter terms ー typically two years. Until the last months of the war, they repaid the advances and went home.

紛争地域である中国や東南アジアの慰安所で働くことは、ソウルで働くよりも危険な仕事だった。戦争による危険があったし、病気のリスクもはるかに高かった。もし売春宿が売春婦を虐待するようなものなら、彼女たちは売春宿を出ることは困難であり、再び韓国の都市で匿名で紛れて暮らす夢は叶わないだろう。このようなリスクがある仕事に就くのだから韓国人女性は非常に高い報酬を要求し、受け取っていた。彼女たちの労働期間は短く、通常は2年であった。戦争の最後の数ヶ月まで彼女たちは働き、前金を返済し、家に帰った。


The ‘Asahi Shimbun’ Debacle

「朝日新聞」騒動

The claim that the Japanese army coerced Korean women into working in comfort stations dates to the 1980s. In 1982, a writer named Seiji Yoshida began talking about “comfort women hunts” he had led. He gave lectures, and soon incorporated the stories into what he styled a memoir. “My War Crimes,” he called it. He had worked from 1942 in a labor office in Yamaguchi. There, he had supervised the work of mobilizing Korean workers. In May of 1943, he wrote, his office received an order to recruit 2000 Korean workers. More pointedly, it received an order to acquire 200 Koreans to work as “comfort women.”

日本軍が韓国人女性を強制的に慰安所で働かせていたという主張は、1980年代に始まった。1982年、吉田清治という作家が自分の行った「慰安婦狩り」の話を始めた。吉田清治氏は講演を行い、その話をまとめて回顧録とし、「My War Crimes (我が戦争犯罪)」と題した。彼は1942年から山口の労務事務所に勤務し、韓国人労働者の動員作業を監督していた。1943年5月、彼の事務所には2000人の韓国人労働者を募集する命令が届いたと書いている。更には、200人の韓国人を「慰安婦」として獲得せよという命令も受けた。

With nine soldiers, Yoshida continued, he went to the island of Jeju. There, he led “comfort women hunts.” In a typical account, he recalled finding a compound where 20-30 women worked. He and his team went in with guns. When the women started screaming, nearby Korean men came running. He and his team grabbed the women by their arms, however, and dragged them off. The mob soon grew to over 100, but Yoshida’s soldiers drew their bayonets and held them at bay. They loaded the women into the truck, drove 5 or 6 km, and then stopped for a half hour to rape them. The military transported the women to the harbor and loaded them onto its ships ー hands tied, and each woman bound to the next.

吉田は9人の兵士を連れて済州島へ行き、そこで「慰安婦狩り」を行ったという。典型的な話としては、彼は20〜30人の女性が働いている施設を見つけ、銃を持って中に入り、女性たちが悲鳴を上げた。近くにいた韓国人男性が走ってきたが、吉田らは女性たちの腕をつかんで引きずっていった。韓国人暴徒はすぐに100人以上になったが、吉田らは銃剣を抜いて彼らに応戦した。女たちをトラックに乗せて5、6キロ走った後、30分ほど停車してレイプしたという。軍隊は女たちを港に運び、船に乗せた。女たちの両手を縛り、一人ずつ隣の女と繋いだという。

In fact, Yoshida had invented the story. The Asahi Shimbun newspaper gave it flamboyant coverage, but several historians questioned it from the start.

実は、この話は吉田が創作したものだった。朝日新聞はこれを派手に報道したが、何人かの歴史家は最初から疑問を持っていたのだ。

Ikuhiko Hata was among the first to doubt the account, and traveled to Jeju to investigate. He found the village where Yoshida claimed to have conducted one of the larger hunts, but no one remembered anything about a raid. This is a small place, one elderly man told him. If the Japanese military had abducted women to serve as prostitutes, no one would forget it.

秦郁彦氏は直ぐにこの話に疑問を持ち、済州島に調査に行った。吉田が女狩りをしたという村を見つけたが、誰も襲撃のことを覚えていなかった。「ここは小さな村だ。日本軍が女たちを拉致して売春婦にしたなんてことが起これば、誰も忘れやしない。」と一人の老人が話した。

Other historians and reporters ー both Japanese and Korean ー followed. Yoshida initially insisted that the events had occurred. He started avoiding reporters and scholars, however, and eventually admitted to having fabricated the book. By the mid-1990s, scholars had dismissed Yoshida’s account as fiction. Eventually, even the Asahi Shimbun retracted its stories.

他の歴史家や報道関係者(日本と韓国)もこれに続いた。吉田は、当初は「実際にあった」と主張していた。しかし、やがて彼は記者や学者を避けるようになり、最終的には捏造を認めたのである。1990年代半ばになると、学者たちは吉田の証言をフィクションとして否定するようになった。最終的には、朝日新聞も記事を撤回した。


The Chong Dae Hyup 

チョン・デヒョプ

One organization lies at the heart of the current dispute, and it is an organization that manipulates the dispute in relentless opposition to reconciliation with Japan. The organization is the Chong Dae Hyup (CDH), the “Korean Council for Women Drafted for Military Sexual Slavery.” The CDH organizes weekly protests in front of the Japanese embassy in Seoul. It began the installation of comfort women statues around the world. It pressured the former comfort women to reject the compensation offered by Japan. And it brutally attacks Korean scholars who would question the “sex-slave” narrative.


今回の紛争の中心には、日本との和解に執拗に反対して紛争を操る組織がある。その組織とは、「徴兵された女性のための韓国人協議会」即ち「チョンデヒョプ」(CDH)である。CDHは毎週、ソウルの日本大使館前で抗議活動を行っている。世界各地で慰安婦像の設置を行なっているのも彼らだ。元慰安婦に圧力をかけ、日本が提示する賠償金を拒否させた。更に彼らは「性奴隷」という物語に疑問を呈した韓国の学者たちを激しく攻撃している。

CDH controls most of the public testimony by the comfort women. It maintains its ability to do this by collaborating in the operation of a nursing home ー the House of Nanum ー for the women who tell the stories it wants reported. Only a small subset of the comfort women recount the autobiographies on which the conventional Western account depends, and these are the women that the CDH promotes.

慰安婦の証言の殆どはCDHに操られたものだ。それを可能にしているのは、CDHが報道のための慰安婦話をする女性たちの老人ホーム「ナヌムの家」の運営に協力しているからである。CDHは彼女たちの一部に従来の欧米の説明に基づく自叙伝を語らせ、それを広く宣伝しているのだ。

Several of these women have changed their stories in dramatic ways. When they first identified themselves as comfort women, they told of having taken the jobs on their own, or of having been sold into prostitution by their parents. As the movement began to extract money from the Japanese government, they changed their stories. Now they told of being forced into the job by the military, and that is the story that the CDH has promoted.

彼女たちの中には話を大幅にに変えた者がいる。慰安婦と名乗り出た当初は、自分で仕事を取ってきたとか、親に売春をさせられたなどと話していたが、日本政府からお金をもらうようになると、話を変えてきた。慰安婦運動で日本政府からお金を得るようになり彼女たちは「軍に強制的に働かされた」という話に変え、CDHはその話を広く宣伝した。


By sabotaging any reconciliation between South Korea and Japan, the CDH directly promotes a key North Korean political goal ー and that seems to be the point. Initially organized by Korean communists, the group was at one time designated by the South Korean government as a North Korean affiliate.

韓国と日本の和解を妨害することで、CDHは北朝鮮の重要な政治目標達成を直接支援しているのだ。韓国の共産主義者によって結成されたCDHは、韓国政府により北朝鮮の関連団体に指定されたこともある。

As academics, we are used to dealing with exaggerations. If someone recounts a story that sounds bizarre, we assume the truth must be more modest. It usually is. We are not used to finding that the story is pure fiction. But that is the nature of the comfort-women-sex-slave story.

アカデミアは大げさな表現をよく使う。だから誰かが奇抜な話をすれば、真実はもっと控えめなものに違いないと思うし、たいていはそうなのだ。だが、学者はその話が全くのフィクションであることには慣れていない。だがそれが慰安婦・性奴隷の話の本質なのだ。


Within Korea, the story fairly obviously struck a nationalistic chord. Within Japan, it fed a long-standing opposition among professors to the Liberal Democratic Party and its plans for the Self-Defense Force. And within the western academy, it fit the triple “narratives” of racism, imperialism, and sexism currently so fashionable in some departments.

Yet pure fiction it is.

韓国では、この慰安婦の話は明らかに愛国心の真髄を突いた。日本に於いては自民党と自衛隊の計画に長年反対する学術界隈の者たちの糧として働いた。また欧米の学術界では、彼らの好む「人種差別」、「帝国主義」、「性差別」の3つの「物語」にぴたりと合致したのだ。

しかし、慰安婦の物語は完全なる作り話なのだ。



Author: J. Mark Ramseyer

著者:マーク・ラムザイヤー


thank you💕
piyoco
元国際電話オペレータ。元英語学校講師。NYに3年。趣味は編み物、刺繍、パッチワーク、洋裁など手芸全般。海外からの視点での記事を和訳します。