『週刊少年松山洋』準備号⑦

継続課金マガジンの申請から6日目にして、note運営から【審査通過(ユーザー承認待ち)】というステータスに切り替わりました、という連絡をいただきました。

申請してから“どれくらいで審査が終わるんだろう?”と思いながら日々少しずつ更新しながら待ってました。

これまで(6日間で計7回更新)の記事の反応は主にツイッター側で見てました。というか反応はほとんどツイッターばかりでした。(あんまりnoteの方の記事に直接のコメントはされない傾向にあるのでしょうか?それとも単純にツイッターの方がフォロワーが多いからか?)

私のツイッター( @PIROSHI_CC2 )は今現在フォロワーが47,979人いまして、その多くはゲームファンや会社で作っているタイトルのファン、あとは私のゲーム業界の友人や面識のないクリエイター、あとは漫画家やアニメーター、芸人やTV関係の人、一部芸能人・声優・モデルなどで構成されているようです。

この6日間手探りで記事を作成して公開してきましたが、その反応は様々ですね。一部、とにかく文句を言いたい人、突っ込みたい人なども含まれていますが(いつもありがとうございます!)、多くの読者は『知らなかった。わかりやすい。勉強になる。』という好評な反応をいただけているようで、ホッとしました。

それらの反応を踏まえて。

いよいよ近日創刊となりますこの『週刊少年松山洋』の感触と方針について述べておこうと思います。

準備号⑤と⑥を有料(300円)にしてみて感触を計ってみたのですが、一日で4,000円くらいの売上でした。正直、狙ってやっているとはいえ私が書いた記事に価値(と期待)を感じてご購入いただいた皆様ありがとうございました。(こういう収支は今後も定期的に報告しますね)

励みになります。これからも益々頑張ります。

あと『週刊少年松山洋』の継続課金マガジンとしての設定は【月4回更新】となっていますが、それ以上の更新をすることになりそうです。(やってみたら結構更新できることがわかりました)なので【月1,000円】の継続購入をしていただいた方がきっとお得になるかと思います。

また、この『週刊少年松山洋』での売り上げの使い道なのですが。せっかくなので売上がある程度溜まったらそのお金でまた新しいクリエイティブに挑戦させていただこうと思います。それを何にしてどう使うのかはまた改めて発表・報告したいと思います。

さあ、いよいよカウントダウンが始まります。

『週刊少年松山洋』創刊です。

開幕ベルが鳴りますよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
10
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

コメント3件

おめでとうございます!継続課金させて頂きますので楽しみにしておりまーす。
ちなみに「熱狂する現場の作り方」を読んでからファンになったのですが、自分は①大学中退して自作ゲームを持ってゲーム会社に入社②アレなんか違う?と思って1年以内に辞める③世の中をみようと思って別業界で営業マンとして再就職③しばらくして戻ろうと決心して、WEBとゲーム両方作りながらいまは友人と会社作って独立・・と、ちょっとだけ松山さんの経歴に被るところがあって勝手に親近感わいてますw
おお、確かに似てますね。親近感湧きます。お互い前のめりに死ぬまで生きていきましょう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。