52. 夫婦カウンセリング・その後
見出し画像

52. 夫婦カウンセリング・その後

夫婦カウンセリングはその後も通ったけど正直あまり進展も効果も感じなかった。精神分析のチャートをやらされたり、お互いの家族構成を聞かれたり簡単な質問に答えただけで、特に何か提案される事もなかった。先生はこちらの言うことに対してあまり反応がなく、毎回疑念を抱えながら帰路につくことになった。

3回目のカウンセリングの帰り道に、裕太が突然「もうやめよう。無意味だ。」と言い出し、私ももちろん賛成してカウンセリングは辞めることになった。
キャンセルの電話をすると、先生は若干驚いた様子だったけど、

「これからは自分たちで解決します」と言うと「分りました。頑張ってください。」と言ってくれた。

審判を取り下げてから2か月ほど経っていたけど、まだ可奈には会えなかった。もどかしかったけど、調停で争っている時よりは気持ちはだいぶ楽になっていた。

裕太を責める気持ちと申し訳ない気持ちがせめぎ合うなか、責める気持ちが収まるように、裕太を悪く言う言葉はなるべくシャットアウトするようにしていた。

『自分が見ている世界は全て、自分が作り出す。』

そんな言葉をいつも自分に言い聞かせるようにしていた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります♪
ある日、突然、加害者に。〜子どもを奪われた母親の物語〜
この話は私の身に実際に起きたこと。ある日突然、最愛の娘と引き裂かれてしまいました。親子の引き離しは誰にでも起こり得る問題です。一人でも多くの方にこの問題を知ってもらえますように! (プライバシー保護の為、設定は若干変えております。)