「魅惑の心理」マガジンvol.98(器の小さな人にならない8つの方法)
見出し画像

「魅惑の心理」マガジンvol.98(器の小さな人にならない8つの方法)

ポーポー・ポロダクション

感情のコントロールができない、すぐにテンパる、自分だけがかわいい、最近「器の小さな」大人の行動が目立ちます。「器が小さい」と言ってもその種類は様々で、原因もメカニズムも大きく異なります。人の「器」とは何か、どんな種類があるのか、簡単にあなたの小さい器のタイプを判定する記事(無料)はこちらにまとめてありますので、一度、ご覧いただけるとわかりやすいと思います↓

「器が大きい」というほめ言葉は、なんとなく気恥ずかしいけど、とてもうれしいものです。そして競争心の高い男性の中には「器か大きい」という言葉に過剰に反応するほど喜ぶ人がいます。女性の方でしたら、ご自分の器の大きさをアップさせるだけでなく、パートナーの器を上げる作戦に使う事ができます。今回の「魅惑の心理」マガジンでは、器の小さな人にならない秘術をお伝えいたします。

では、器の小ささの種類別に器を大きくする方法を解説していきます。

○感情をコントロールできない人に有効な方法

・脳を休めて、空いたスペースに余裕を作る
すぐイライラしてしまう人も、頭が真っ白になってしまう人も基本的には余裕がありません。予測して準備する事が大事なのですが、基本的に脳が働きすぎの可能性もあります。現代社会は毎日、考える事ややらなくてはいけない仕事で溢れています。余裕がないとイライラしてしまう人と、脳の活動がピタッと止まってしまう人がいます。全体的に脳の仕事量を減らす事で改善するケースもあります。特に睡眠不足は器を小さくする原因になります。寝る前直前までの布団スマホはやめましょう。

スマホをいつも見ていると何か精神的に追われているような錯覚に陥りやすく、溢れた情報が減ってくる不安になりがちです。そんなときは思い切って情報を遮断して脳を休めましょう。最初は不安で落ち着かなくなりますが、次第にゆっくりものが考えられるようになってきます。そしてまずはゆっくり休み、次第に動きたくなってきたら、空いた部分でものを考えて、準備する能動的な生き方に変えていくのがおすすめです。

この続きをみるには

この続き: 3,280文字
器が小さい人から抜け出す有料コンテンツを複数まとめています(今後更新も)。このマガジンを購読していただけるほうが単体での購読よりお得です

器が小さい人たちを集めた殺伐ワールド。器の小ささから抜け出すノンハウがここに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ポーポー・ポロダクション

いつも応援していただいてありがとうございます。 みなさまからいただいたサポートは研究やコンテンツ開発に活かしていきたいと思います。

読んでくれてありがとう
ポーポー・ポロダクション
心理学研究者/心理学をビジネスで活用する心理コンサルティング/代表書籍「マンガでわかる行動経済学」(6刷)「マンガでわかる心理学」(14刷/si新書累計1位)など累計22冊、著書累計143万部。「色と性格の心理学」(7刷)  http://www.paw-p.com/