パリッコ

酒のつまみレシピの覚え書きや、酒場に関するコラムなど。

パリッコ

酒のつまみレシピの覚え書きや、酒場に関するコラムなど。

    マガジン

    • これうまかった

      市販品でうまかったもののメモ。

    • 晩メシの記録

      家の晩メシのおかずがマンネリ気味になりがちなので、新しいものを作ったら雑に記録していくことに。

    • 枯れごはん

      40代に突入し、俄然枯れてきた食の好みが反映された、家ご飯の記録です。

    • 鶏むね道

      鶏むね肉をどれだけ満足度高く食べられるかの研究。

    • しらせ

      しらせです

    最近の記事

    長野県伊那市の「日本酒缶」でチェアリングを

    突然ですが、折りたたみ椅子を持って近所の公園にやって来ました。 なぜかってそりゃあ、「チェアリング」をするためですよ。 というのもですね、先日、お酒関係の知り合いの方から、ちょっとおもしろいものを頂いてしまいまして。 おしゃれすぎて一瞬なんだかわからないかもしれませんが、これ、“缶”の日本酒なんです。 テレビ東京の「田村淳のTaMaRiBa」という番組の「地域創生プロジェクト」という企画から生まれた商品だそうで、老舗容器メーカーの「東洋製罐グループ」が技術提供し、長野県伊

      • 【KUK_010】ト「4Dグミ ブロックス」

        最近主流のすっぱいパウダーをまぶしたハード系ではない、どちらかといえばコーラアップの系譜。ベタっとケミカルな味がして好みじゃない人もいるかもしれないけど、個人的には大好き。グミとしてすごく理想的な味。 ブロックの形状をしていて実際に組み立てて遊べるらしいが、大人なので遊びはしない。

        • 【KUK_009】北前船のカワモト「絹糸汐吹」

          https://4147takane.com/item-detail/444269 超細切りの塩こんぶ。細切りにしただけでこんなにも違うかっていうほどけるような口当たりが快感。

          • 【BM_028】トリッパのトマト煮込み

            今日はちょっと奮発し、大泉学園にある『パンとお菓子と小さなレストラン「bèe」』で、以前食べて絶品だったトリッパの煮込みや、お惣菜、パンなどをテイクアウトしてきて夕飯にしよう! と思って調べてみたところ、運悪くお休み。 そこで最近できたスーパー「食品館あおば」へ行ってみると、さすがはあおば! なんとでっかい和牛のハチノスが手頃な値段で売っていた。というわけで自分で作ってみる。基本、トマト缶あたりで煮込んじゃえばいいだろうと、レシピなどは特に見ず。 ハチノスはまずいちどゆでこぼ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • これうまかった
            パリッコ
          • 晩メシの記録
            パリッコ
          • 枯れごはん
            パリッコ
          • 鶏むね道
            パリッコ
          • しらせ
            パリッコ
          • コラム
            パリッコ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【BM_027】フライ盛り合わせ

            揚げまくった。 牛、鶏むね、ホタテ、うずら卵、はんぺん、しいたけ、アスパラ、ナス。こんだげ揚げるとハイになりますね。

            【BM_026】麻婆茄子豆腐

            レンチンでとろとろにしたナスを市販の素を使った麻婆豆腐に加えて。ひき肉もたっぷり追加。もう最高。

            【BM_025】すいとん

            亡くなった父はあまり食べものの好き嫌いがあるタイプではなかったが、唯一強く記憶に残っているのが、「すいとんが嫌いだ」と言っていたことだ。 昭和11年生まれの父、戦中戦後の子供時代に食べたすいとんがすごく美味しくなかった記憶があるかららしい。 なので実家ですいとんが出ることはなかったし、自分のなかにもほぼ存在しない料理として生きてきた。 が、妻が先日「なんかすいとんが食べたい気分」だと言う。奇遇なことに、前日たにっぷり作ったとん汁が余っている。そこに小麦粉を練ってぽちゃぽちゃと

            【BM_024】きのこたっぷり豆乳鶏鍋

            しめじ、えのき、エリンギ。白菜、長ネギ。豆腐、あぶらあげ。鶏もも、鶏だんご。市販の豆乳鍋スープで。最後に水菜でものせたらもうちょっと絵的に映えたんだろうな。全体的に白い。 作るたびにレシピの違う、てきとうに作った鶏むねひき肉のだんごが若干ジューシーさに欠け、妻に「卵とか片栗粉を入れてみては?」と助言を受けたので、次回は忘れないようそうしてみよう。 市販の鍋の素、かつては割高に感じであまり使わなかったけど、気軽にいろいろな味が楽しめて楽しく、ありがたい。

            【BM_023】チキン南蛮(?)

            皮を取り除き、包丁を入れて厚みを均一にし、適度な大きさにカットして塩をした鶏もも肉をフライパンで揚げ焼きにする。 鶏皮は別鍋でゆでて「鶏皮ポン酢」に。ゆで汁には白だし、醤油、ねぎを加えてスープに。 ゆでたまご4個を使って作ったたっぷりのタルタルソースを添える。 完全にイメージだけで作り、これで合ってましたよね……? という気分で食べ終え、実際美味しかったんだけど、今になって気づいた。 もしかして鶏肉に、甘酢的な味つけが必要だった?

            【BM_022】海老ワンタン

            夫婦でワンタン好きなので、大量のワンタンをゆでてひたすら食べる「ワンタンパーティー」をたまに開催する。 ところが先日、久々の開催であったため勘が鈍っていて、30枚のワンタンの皮に具を詰めては鍋にぽちゃん、詰めては鍋にぽちゃん、という作りかたをしてしまい、すべてに火が通るころには全体がグズグズのゆるゆる。多くのワンタンの中身が飛び出す事態になってしまった。 まぁそれでもうまかったんだけど、あらかじめスープ、具を包んだワンタンを用意しておき、一気に鍋に投入して火が通ったところで

            【BM_021】野菜の肉巻き

            豚ロース薄切り肉でアスパラ、ミニトマト、えのきを巻き、塩をふってホットサンドメーカーで。 子供の頃はあまり興味がわかないメニューだったけど、たとえば同じ食材をザクザクっとてきとうに切って作った野菜炒めと比べ、格段にごちそう感が増すし、食べていて楽しい。しかも油も使わないし、調味料もシンプル。 いいもんだな、肉巻き。

            【BM_020】ホワイトシチュー&シュクメルリ

            じゃがいものかわりにさつまいもを入れたホワイトシチューを作る。 別にルーを使わなくても作れるんだけど、今回はハウスの『北海道シチュー「コーンクリーム」』というルーを使って作ってみたら、コーン風味たっぷりで美味しかった。 で、シチューはそのまま娘に出す。そしたら一部を別鍋に移し、にんにくチューブとピザ用チーズを遠慮なく加えれば、あっという間にシュクメルリ。シュクメルリという概念を人生にプラスしてくれた松屋には頭が上がらない。大人はこっちを食べる。 シュクメルリはごはんにめ

            【BM_019】ハンバーグ

            ナイフを入れると肉汁があふれだすジューシーハンバーグを目指し、魔女っこれいさんのレシピ本に載ってたレシピを参考に作りはじめたものの、作りはじめてから玉ねぎの在庫がないことに気づくわ、娘用にちょっと優しい味つけにしたタネを別のフライパンで同時進行で作ったりしてあわただしいわで、本来は表面に焼き目をつけてからホイルで包んで蒸し焼きにするんだけど、途中でもうあきらめ、普通にフライパンで最後まで焼いた。ソースもレシピを無視し、ハンバーグを焼き終わったフライパンで家にあったステーキ

            【BM_018】豚のしょうが焼き

            正直、僕はあまり興味がないんだけど、妻の好物だからけっこう作る料理。 興味が薄い理由は、酒のつまみというより圧倒的にごはんのおかずっぽいからだと思う。だけど、食べるとうまいし、大好き。 豚肉と玉ねぎをてきとうに炒め、チューブのしょうが、めんつゆ、酒などを加えてフィーリングで味つけすればまずくはならない。あらためて、簡単でいいメニューだと思う。 ちなみに今回は、厳密には夜に作ったわけじゃないんだけど、晩メシのレパートリーを増やしたいためのマガジンなので記録しておきました。

            【BM_017】ジンギスカン

            子供がまだ小さいこともあり、食卓にコンロを置いてリアルタイムでガンガン作っていくような調理法には若干抵抗があり、焼肉ならキッチンで焼いて焼けたものをサーブ、ジンギスカンならこのように、フライパンで一気に作ってしまって食卓へ、というような方式が多くなる。 夫婦ともどもラム肉は好きで、ジンギスカンもたまに作るメニューのひとつだったが、これまではずっと、肉野菜炒めの要領で一気に作ってしまうことが多かった。が、そこにジンギスカンのタレを加えるとどうしても全体がべちゃっとするのが気

            【BM_016】豚すきやき

            基本的に料理を作ることは自分にとって癒し行為なんだけど、この日は日中の仕事がかなりハードで疲れはてていた。そこでなにか簡単にできるものをと考え、冷蔵庫にあった市販のすきやきのたれを使い、でかいフライパンを使って雑にすきやきを作ろうと思いたつ。 だけど冷蔵庫にすきやきのスタメン食材がすべて揃っているはずもなく、近所にニューオープンしたスーパーで激安だった豚の薄切り肉、長ねぎ、しらたき、絹豆腐、ししとう、キャベツと、後半にいくに従って様子がおかしくなっていくラインナップに。