危険な人に惹かれるわけ
見出し画像

危険な人に惹かれるわけ

危険な匂いのする人に惹かれてしまう人がいます。
周囲から「絶対にやめておけ」と言われるのに、どうしても心が惹かれてしまうのです。
今回は、人間の面白い心の働きについて、解説してみたいと思います。

強く惹かれる心の作用

画像1

例えば、お金にルーズで、口がうまく、地に足がついていない浮ついた夢物語ばかりを語る、だらしのない人。

または、転職を繰り返して、挙げ句の果てには、ずっと家でゴロゴロとしていて、一向に働く気がない、依存心が強く責任感のない人…などなど。
相手が女性であっても、男性であっても同様に、なぜか安心を感じられない相手と深い関係を作ってしまうのです。

一般的に歓迎されないものを感じる相手に、なぜ人は惹かれていくのでしょう。
これには、カラクリがあります。
相手が女性であれ、男性であれ、強く惹かれる相手には、何かしらの心の作用が働いているのです。

近づきたくなる愛着行動

画像2

上記の二つの例で言えば、危険な匂いを「頼もしさ」と感じたり、だらしのなさを「夢を追いかけているのだから、応援してあげたい」と感じたり、どちらも、自分の中にある「愛着行動」を引き起こしているのです。

愛着行動とは、不安を感じた時に安心を得たいと思い、近づこうとする行動です。
小さい子どもが、不安を感じて、母親にしがみつこうとする様子を思い出してみてください。
まさに、あのような感じです。

普段気づかない、心の中に抱える「空虚感」や「寂しさ」といった感情を、危険な匂いのする相手と話していると、心地よく埋めてくれるのを感じるのです。

では、なぜ危険な匂いがするのに、安心を感じてしまうのでしょう。
それは、幼い頃に抱いた「愛着を持つ人」が、人それぞれ違うからです。

この続きをみるには

この続き: 4,027文字 / 画像4枚
記事を購入する

危険な人に惹かれるわけ

鶯千恭子(おうちきょうこ)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めちゃくちゃ嬉しいです!
人生100年時代の人育ては財産。変化の激しい時代は知識で安心の補強を。子ども&大人の”心育て”専門家育成(家族成育カウンセラー)に奮闘中。たくさんの「大丈夫」を根拠を持って伝えたい。一般社団法人家族支援研究機構代表理事⇨https://sfr-syadan.org