見出し画像

個展「始まりから」8月1日より

8/1より清アートスペースにて作品展「始まりから」
を開催します。

コロナの影響で5月の展示が8月にスライド。

テーマとしては本来は人間レストランよりこちらが先のはずでした。

そんなわけですが、よろしくお願いいたします。

「始まりから」は自画像の写真にペイントした作品と黒い海、インクを滲ませて描いた人間の絵で構成しています。

私の内側の一部分、私の底にある感情について。

________________

「始まりから」
日時:8/1-8/12
場所:清アートスペース
http://www.kiyoshiart.com/
☆オープニングパーティー☆
8月1日18時より!清アートスペースにてお待ちしております。

☆8月2日の21時より、清アートのYou Tubeアカウントからオンライントークショーするよ!☆

☆「始まりから」100部限定作品集発売!☆

☆「始まりから」限定DVD発売!☆
Limited10の動画作品のDVDを発売します!
表紙に手描きのペイント作品がデザインされています。お楽しみに!

↓これは短いバージョン!

https://youtu.be/gNsP4FGqn-U

______________

「始まりから」
たくさんの悲しみを知っているけれど、
私はまだここにいる。

悲しみは残っているけれど、
私はまだここで生きている。

逆さまに消えていけと、私を叱る。

逆さまに消えてくれと、私に願う。

「黒い海」

黒い黒い海が私の恐怖だった。

黒い海は私に近づくなと言う。

黒い黒い怒りは強い波になり、白い泡の境界線を作る。

波の音、海の生き物達の怒りの声。

海の泡、海の生き物達の荒い呼吸。

「人間」

人間になりたくなかった。

人間は怖いから。

人間になりたかった。

人間は優しいから。

人間になれなかった。

人間は強いから。

________________

黒い海は、子供の頃の記憶です。

人間が海を汚したというニュースを見るたび、海が怒っていないかと怖かった。津波や海の事故が起きるたび、海が怒ってるんだと感じていた。

海が怖いのに、未知の世界への憧れもあった。

人間のいない世界はどんなものだろう。

地球にとって人間は必要ない。

人間のいない世界が正しいものに思えた。

人間は自分勝手だ。

私は自分が人間である事が嫌だった。

自分だけはそうでありたくないと思う感情こそ、人間らしい浅ましい感情だと恥ずかしくなる。

人間らしくいたいと思う時、人間は立派で美しいものとして存在している。

私はまだ未熟で、そんな人間にはなれてない。

逆さまに消えて行けと、そんな時に思うのだ。

たくさんの悲しみを越えて、長い長い境界線を見つめて、

私はまた始まりから私を始める。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつもありがとう!わたしもスキです!
27
大塚咲です。絵を描いたり写真を撮ったり展示したりしています。ゆっくりと更新中ですー!HP https://www.otsukasaki.com web shop https://www.otsukasaki.com/shop
コメント (1)
ずっと楽しみにしていた展示です。
必ず伺います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。