大塚 篤司

京都大学特定准教授。メラノーマ(悪性黒色腫)などの皮膚がん、アトピー性皮膚炎が専門の皮膚科医です。 がん薬物治療認定医。スイス留学後は新薬の開発、治験、臨床研究などに取り組んでます。https://atsushi-otsuka.com/ twitter @otsukaman
    • エッセイ
      エッセイ
      • 4本
    • #SNS医療のカタチ
      #SNS医療のカタチ
      • 2本
固定された記事

「お医者さんと学校で話そう」出張授業のご案内

学校関係者および保護者の方々へ  「お医者さんと学校で話そう」出張授業のご案内 この度は「お医者さんと学校で話そう」に関心をお寄せいただき、誠にありがとうござい…

それぞれの舌圧子の使い方 #deleteCリレー連載 (7/8)

その男の子はお母さんに抱きついたまま大きな泣き声とともに診察室に入ってきた。 怯えた瞳を少しだけこちらにみせ、すぐにお母さんに抱きつくように反対を向いてまた泣き…

型から逃げてはいけないし、型に逃げてもいけない。

ここ数年、新しいチャレンジをしてきた中で、自分に言い聞かせていることがある。 「型から逃げてはいけないし、型に逃げてもいけない。」 専門的な知識に限らず、一般的…

趣味は人間観察でした。(本を出版するにあたって)

趣味はなんですか?と聞かれたら、「人間観察です」と答えるようにしている。 いや、ついこの間までそう答えていた。 実際に人を観察するのが好きだし、願わくばすべての…

書くことについて

ここ数年、文章(エッセイやコラム)を書く機会が増え、次第に自分のことがわかってきた。 ぼくは自分が経験したことしか文章に書けない。誰かから「〇〇について書いてく…

ストレスで髪の毛を抜いてしまう「抜毛癖」 私が実際に取り組んだ三つの改善法

私は高校時代、思春期をこじらせ勉強もせずに遊んでばかりいました。成績はみるみる下降し、あっという間におちこぼれました。高校3年の夏に受けたセンター試験の模試はひ…