見出し画像

大人の島留学日記#55 「快適冬キャンプ」

こんにちは、毎朝の寒さに鼻水の止まらないロドです。
今回は、冬の島でのキャンプについてご紹介です!

みなさん、キャンプと言えば、いつをイメージしますか?

夏って言う人が多いんじゃないですかね。
たしかに夏のキャンプは、海や川遊びができて楽しいですが、

暑い!!!

ので、快適かどうかという点では、意外としんどいシーズンです。

冬キャンプの方が寒くてしんどそうとイメージする方が多いですが、冬のキャンプは、暖をとる工夫をすれば快適なキャンプが実現されます。

そして、暖をとる工夫にキャンパーの創意工夫が発揮され、その実力が試されるのです!

画像1

テント内でストーブを焚き、快適な朝ごはん&コーヒーをいただく
(十分な換気がなされないと、テント内のストーブは危険です!!!)

道具じゃない、工夫が大事

キャンプが好きになると、次から次へと道具が欲しくなります。いい道具を使うほど快適な空間に近づくからです。(あと道具集めるのは楽しい!)

だからと言って、ちゃんとした道具がないと快適なキャンプができないかというと、そうではないとも思っています。大事なのは快適な空間になるような工夫です。

寒いなら、服を多めに着て、みんな近寄ってたき火をする。ここまでは割と普通ですが、ここに一工夫、その場にいるみんなの心や体の温まる仕掛けを施したら、寒さを忘れることができるはずです。キャンプ用品ではないけど、家にあるもので代用できないか考えたり、貰ったおすそ分けを持ち寄ってシェアハピしたり、などなど、その場にいる人が喜び楽しめる工夫が、実はキャンプでは大事なことだと思います。

冬のキャンプは何もないと寒くて凍えてしまいます。だからこそ、工夫するしかないのです。夏だと、ぼーっと寝そべるだけでも、夜は快適ですよね。それもいいですが、冬の様々な試練がある環境でキャンプをするからこそ、何か身につくものもあります。

寒い冬でも楽しむ。その一例としての冬キャンプでした!

画像2

朝に食べるホットサンド(キャンプ飯)は最高!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
3
【大人の島留学officialアカウント】 大人の島留学とは、国内外の若者たちへ向けた隠岐島前地域での「1年間限定」就業型移住体験制度です。 ◆島暮らしやまちづくり、グローカルキャリアなどに関心をお持ちの皆さん、働きながら島に滞在してみませんか?