コロナ禍の遠隔介護 父(88歳)のスマホデビュー
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍の遠隔介護 父(88歳)のスマホデビュー


88歳のイチローさん(父)がついにスマホデビュー!👏👏👏

きっかけは、ガラケーを洗濯機で30分回して壊れたところから🤣

しかし、イチローさん、さすがである。スマホに憧れて、この事件が起こる前からdocomoのスマホ教室に通っていた!(笑 スマホ貸してくれるのね、docomoさん) 買い替えに行くと、スタッフさんと顔なじみ。

らくらくフォンにしたのだが、わたしたちわかいもん(笑)も慣れてないから、登録の仕方、使い方がよくわからない。

高齢者向けの機能なんだろうけど、長押ししなければ、画面展開ができないとか、やっかいである。

たまたま、弟のお嫁さんが根気よく設定してくれたから、良かったが、買っても使うのが難しいかも。

イチローさんは、使用ガイドを肌身はなさず持ち歩き、なんとかマスターしようとするのだが、今日『歳をとったら、文字を読むのはたいへんなんじゃ』と弱音をはいていた。

それでも、スマホは、やっぱり嬉しくて、孫たちに電話しまくっている。

『マジ?!じいちゃんスゲ〜』は88歳の寿命を5年は伸ばすと思われる💕

孫たちは、ひとまずLINEにスタンプとメッセージを送るのだが、もちろん、LINEまでには辿りつかない(笑 それでもわたしが見せると、顔がほころぶ。

みていると88歳の毎日の生活もにもデジタル化の波は押し寄せてる。

docomoの予約もネット予約でなければ、電話は繋がらないから、イチローさんは店まで予約しにいかなくてはならない。

いたるところにあるQRコードは、なんのおまじないかわからず、ずっと触っていた(笑

スマホを使えないことが時代に取り残された感じがしていたんじゃないかなあ、一番嬉しかったのは、今の時代と繋がった感かも。

これからイチローさんが写真が撮れるようになると楽しいかなあ、と思って次回は写真散歩に誘ってみます。

桜の季節はまさしくシャッターチャンスの季節。また、ひとつできることが増える88歳。

(下手やなあ、わたしの写真 🤣 )

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。また遊びに来てください♪