オセロニア運営が「note」で何か始めるらしい。
見出し画像

オセロニア運営が「note」で何か始めるらしい。

公式『逆転オセロニア』運営チーム

初めまして!
『逆転オセロニア』運営チームで、広報担当をしているこりんと申します。

画像1


突然ですが、『逆転オセロニア』運営チームで「note」を始めようと思います。

私たちがどんな想いでオセロニアを作っているのか、日々の運営でどんなドラマがあるのか。。。
オセロニアンの皆さんにお伝えすることで、『逆転オセロニア』を今よりもっともっと好きになってもらえないかと思ったからです。

伝えたいことはたくさんあるのですが、まず今回は、「note」を始めるに至ったある出来事と、これからのどんなことを連載していくのか、という計画をお伝えできればと思っています。拙い文章だとは思いますが、宜しければ最後までお付き合いください。

1. なぜnoteをはじめようと思ったのか

『逆転オセロニア』は皆さんに支えられて、今年2月に無事4周年を迎えることができました。

4周年を祝う記念イベントの当日。

画像2

私は「オセロニアンの祭典 4th Anniversary」にスタッフとして参加していたんです。舞台袖やバックヤードから、イベントに関わるいろんな人を観察することができました。

画像3

ヒカキンさんやオセロニアンファミリーをはじめとするステージに登場してくれた皆さん、イベントや運営を支えてくださるスタッフの方々、プロデューサーのけいじぇいさん、オセロニアチームの仲間。
――そしてもちろん、会場に来ていただいたオセロニアンの皆さん。

興奮と活気と緊張感に満ちた表情をずっと眺めていました。

オセロニアンの皆さんが、オセロニアンカップや表彰式「オセロニアンセレクション」など、一つ一つのイベントを出演者や運営と一緒になって楽しんでいる様子を見て、ホントに会場のみんながオセロニアンなんだと感動したんです(もちろん配信で見てくださっていた方も!)。

イベントを担当するコミュニティチームのスタッフ以外は、なかなかオセロニアンの皆さんと直接お会いすることもないので、圧倒されてしまったのも事実です(笑)

でも……、この笑顔のために働いてきたんだ、オセロニアを仕事にできている自分は幸せなんだなぁ、と心から感じました。


そして、あの出来事が起こりました。

この祭典のフィナーレに、けいじぇいさんがあるムービーを準備していたんです。。

何か、特別な演出があるという噂は聞いていたもののけいじぇいさんが極秘裏に準備を進め、オセロニア運営チームにはもちろんのこと、祭典の主要スタッフにさえ秘密にされていたものでした。
そう、あのズルいムービーです!

▼「オセロニアンの祭典 4th Anniversary」で上映したムービー

▼このムービーが流れている際のステージの様子

それは、オセロニアのオの字も何もなかった頃からの記録でした。

オセロニアンファミリーとして仲間になってくれた皆さん、関係各社の皆さん、イベントチームの皆さん、運営メンバー……そして、オセロニアンの皆さん。『逆転オセロニア』をずっと支えてきてくださった皆さんへの感謝の思いが詰まっていました。

まんまと、けいじぇいさんの術中にはまり思わず目から汗が……私もその一人ですが。

バックヤードで号泣しているスタッフもいました。壇上で涙され、コメントに詰まる出演者の方もいました。そして、「まるでけいじぇいPの卒業ムービーみたいじゃないか」と笑いながらも、惜しみない拍手を送ってくれるオセロニアン。

"沢山の方々とその想いに支えられ、ともに数々の困難を乗り越えてきたからこそ、今のオセロニアがある"

――運営メンバーの私はそう実感し、感謝の気持ちを何よりも大切にしながら、これからもっともっと楽しいオセロニアを創り上げていきたい、と決意で胸がいっぱいになりました。


『逆転オセロニア』運営チームが掲げているテーマに「共創」というものがあります。

『逆転オセロニア』をただのコンテンツとして作って届けるのではなく、オセロニアンの皆さんと交流させていただきながら、一緒にオセロニアを創り上げていきたい。そんな意味が込められたテーマです。

そのためにも、まずは私たちから『逆転オセロニア』の運営で起きている様々な事を伝えていきたい。自分たちの言葉で伝える場所が欲しい。
ということで「note」を始めることにしました。


2. たとえばこんなことをやりたいと思っています

「note」では、毎回テーマをもって連載をしていきたいと思っています。

例えば、こんな内容を……

・アートチームより「この子のここを見てほしい!」
・「白の塔」建築者の話
・オセロニアTwitter担当「いちこ」特集
・イベントや新キャラクター(駒)の誕生秘話
…etc.


不定期にはなりますが、少しずつ発信していきます!
(早速ですが、第2回目はコミュニティ担当・まなてぃより明日お届け予定です!)

もし「こんな話を知りたい」などのご要望・ご意見がありましたら、件名【オセロニアnote】を付けて、サポート事務局へお気軽にリクエストしてみてください。
※個別でのお返事は差し上げられないですが、すべて拝見させていただきます!

また、少しでもいいなと思っていただければ、皆さんのお知り合いにも広めていただけると嬉しいです。


最後に

プロデューサーのけいじぇいを筆頭に、運営チームは、オセロニアンの皆様の期待を裏切らないよう全力で尽力していきます。

皆さんの反応が何よりの励みになります。Twitterなどで、いいことも悪いことも……いろいろ感想とご声援をいただけると幸いです。
『逆転オセロニア』運営チーム、こりんでした。

更新はこちらでお知らせしています!

ありがとうございます!ご声援とても励みになります。
公式『逆転オセロニア』運営チーム
DeNAが配信中のアプリゲーム『逆転オセロニア』の公式アカウントです。開発や運用、プロモーション、デザインなど、様々な領域で活動する運営メンバーが交代で登場し、制作現場の裏側を発信しています。