自動車保有容認を求める意見書のひな形を作りました

 生活保護の申請の大きなハードルとなっているのが自動車保有の問題です。特に、公共交通機関の発達していない地域では、自動車が利用できるかどうかは大きな問題で、生活に困っていても、生活保護の申請を躊躇する最大の要因になっています。

 生活保護制度は自動車の保有を全く認めていないわけではありません。
 障害があって自動車無しでは通勤・通学・通院が困難な場合や、公共交通機関を利用して通勤・通学・通院することが困難な場合には、一定の条件の下で自動車の保有が認められています。
 しかし、多くの福祉事務所は積極的にそのことを伝えることはなく、むしろ「生活保護では自動車の保有は認められない」とのみ伝えて、申請の「障壁」として利用してきました。

 このような状況をなんとかしたいと考えてこのたび作成したのが、自動車保有容認を求める意見書ひな形です。
 このひな形は「一般・通院等」、「一般・通勤」、「障害・通院等」、「障害・通勤」の4種類に分かれています。これは、生活保護実施要領が定める保有を容認する類型が以上の4つに分けられるためです(なお、「障害」としていますが、障害者手帳を保有している場合に限られるものではありません)。

*追記:全てのひな形は、一番下のURLからダウンロードする形にしました。

 意見書を作成する際は、生活保護実施要領の該当部分(課長通知第3の9、同第3の12)をできるだけ参照してください(「生活保護手帳」に載っています)。
 意見書ひな形には代理人弁護士欄もありますが、申請する方ご本人が作成することもできます(その場合は、代理人欄を削除するなどしてください)。
 その他、書式毎の注意事項を各書式の2ページ目に書いていますので、それも参照してください。

 また、生活保護申請時に「概ね6か月以内に就労により保護から脱却することが確実に見込まれる者であって、保有する自動車の処分価値が小さいと判断されるもの」については、6か月間処分指導が保留されることがあります(課長通知第3の9-2)。この処分指導の保留は延長することもできるとされています。
 この扱いについてもあまり知られているとは言えないため、意見書のひな形を別に作りました(これについてはWordで作っています)。

 意見書ひな形を使って作成した意見書は、生活保護を申請する際に、申請書と合わせて提出することが考えられます。
 ただ、提出すれば全ての場合で自動車保有が認められるわけではありません。福祉事務所側で保有を容認する要件を満たすか検討して、保有の容認を判断することになります。
 もっとも、その判断も絶対に正しいわけではありません。もし、保有を認めないという判断がなされ、納得がいかない場合には、各地の生活保護利用支援ネットワークなどの支援団体に相談してください。

 少しでも自動車保有というハードルが下がり、生活保護に結びつくケースが増えることを願っています。

 *追記:最初に公開した際はファイルをそのまま載せていたのですが、ダウンロードがうまくできませんでした。そこで、Googleドライブに入れましたので、ここからダウンロードをお願いします。

【一般・通勤】https://drive.google.com/file/d/1MVh0Sx0Z5chPPXg8vjBNRmk5yvEJrhK1/view?usp=sharing

【一般・通院等】
https://drive.google.com/file/d/1eBVFdOlQxCf5JGRLC87rTic1WSXuxTS8/view?usp=sharing

【障害・通勤】
https://drive.google.com/file/d/1gcQgKdCJqSnR9lEGGmKbcUUxkg0Ro9r0/view?usp=sharing

【障害・通院等】
https://drive.google.com/file/d/1kMMjvCV75wS_Ikkn8cWM3xoGSratO2XW/view?usp=sharing

【処分指導留保】
https://drive.google.com/file/d/1Z5aCN2nutOJhFey2QpNDOvCDazQufVci/view?usp=sharing

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。