見出し画像

盃つまんで Vol.08

番組の新しい回の撮影が終わると私は放免となり、その後の編集も、完成試写も全く呼ばれず、もちろん口出しもゼロのおまかせだ。放送日がきて初めて、どうなったかなあとどきどきして見る。ああここ使ったのか、オレへんな顔してるな、この服はテレビに合わないな、などいろいろ反省あるものの、放送されちゃったんだから終わり、また次回と割り切っている。
 いつも感心するのは背景につく音楽だ。この種の番組は、無音は緊張するので、あたりさわりのない音楽を小さく流す。

続きをみるには

残り 937字
好評の「コラム」「フォト日記」に「太田図書館」「お便り交歓室」を加えた、太田さんの魅力たっぷりの品揃えです。 お通しの料金で、皆さまのお越しをお待ちしております。

全国の居酒屋をめぐり、数多の著作を世に問うてきた 居酒屋探訪家・太田和彦のオンラインマガジン。 毎月2回更新される「コラム」「フォト日記」…