見出し画像

盃つまんで Vol.13

太田酒倶楽部

今年の四月、私には初めての出版社、大和書房の女性編集者が訪ねて来られ、以前から私の書くものを知り、新作をお願いできないかと思っていた。それから続けた話にひとひざ乗り出した。
 その方は今年早々にお母さんを亡くされ、通夜の夜、父と二人で線香番をしていると、父が珍しく昔話を始め、「中学校のとき、二年生で転校してきた太田和彦というのがいた」「3年になって、同じ高校に進学しないかと誘われた」と。

この続きをみるには

この続き: 822文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
好評の「コラム」「フォト日記」に 「オフショット動画」を加えた、太田さんの魅力たっぷりの品揃えです。  お通しの料金で皆さまのお越しをお待ちしております。

全国の居酒屋をめぐり、数多の著作を世に問うてきた 居酒屋探訪家・太田和彦のオンラインマガジン。 毎月2回更新される「コラム」「フォト日記」…