太田酒倶楽部
盃つまんで Vol.20
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

盃つまんで Vol.20

太田酒倶楽部

コロナ禍で演劇やコンサートの公演中止が続いた。熱心に稽古を続けてきた関係者の無念は如何ばかりか。私も家飲みばかりの毎日で、こんなに刺激や感動のない一年はなく、老残の貴重な日々が少なくなってゆく。さあ、再開だ。
 九月九日、横浜「KATT神奈川芸術劇場」の「湊横濱荒狗挽歌(みなとよこはまあらぶるいぬのさけび)」へ。ちらしの惹句は〈作・野木萌葱×演出・シライケイタによる、歌舞伎の人気演目「三人吉三」をモチーフにしたハードボイルド現代劇〉。
 劇団「阿佐ケ谷スパイダース」を立ち上げて公演を続け、文化庁派遣イギリス留学ののち「KATT」の芸術監督に就任した長塚圭史が、年間テーマに「冒」と名づけた第一弾だ。出演の一人・山本享とは古い仲で一緒に飲んだこともあり、〈この面子です!〉とメモされた案内をもらい、これは行かねばと。

この続きをみるには

この続き: 2,487文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
好評の「コラム」「フォト日記」に 「オフショット動画」を加えた、太田さんの魅力たっぷりの品揃えです。  お通しの料金で皆さまのお越しをお待ちしております。

全国の居酒屋をめぐり、数多の著作を世に問うてきた 居酒屋探訪家・太田和彦のオンラインマガジン。 毎月2回更新される「コラム」「フォト日記」…

太田酒倶楽部
幸せは旨い酒と共にあり、旨い肴で深まっていく . . . 。居酒屋をこよなく愛し、なくてはならない自分の居場所と自負する 太田和彦のつれづれ日記。