日常からちょっと踏み出す冒険を始めるスナック、オープン!
見出し画像

日常からちょっと踏み出す冒険を始めるスナック、オープン!

おせっかい社かける

11/7夜、 日常の先にそっと現れる、ひっそりとした、でも熱(すぎる)仲間が集まる招待制の背中押しスナック「じょもろ」がオープンしました。

こんにちは!かけるの杜氏、かみーです。

今回のイベントでは、おせっかい社かけるの杜氏達の周りで、じょもろいコト(=常識にとらわれない面白いこと)を企むU35の社会人がお互いの企みをシェアし、相互に背中を押し合う仲間になれるスナックを開催しました。
集まったメンバーは、編集、IT関係、コンサルタント、スタートアップ、越境ECなど、年齢も職業もさまざま!

◆背中押しスナック「じょもろ」オープン!
今回のスナックでは、誰かや何かのためではなく、自分自身がいま仕掛けたいと思っていることを気軽に話したり、応援し合ったり、企み合う関係が築けたらと思い、イベントの仕立てをスナックにしました。
杜氏達もこの日はチーママ&チーマスター!参加者のやりたいことや出会いたい人との橋渡しをしたいと思います。

◆特別なルールと特別な時間
スナックでは、ちょっとした特別なルールを設定しました。

(1)名刺交換・会社の肩書を話すのは禁止
(2)自己紹介は自分の好きな本について語る

それぞれが自己紹介とともに熱く語ったのは「モテる技術」、「アルケミスト」、「なるほどデザイン」、「国家」、「HUNTER×HUNTER」などなど、、20名以上の参加者が集まりましたが、なんと!誰ひとり本がかぶらない!!自分自身がいま本当にやりたいと思っていることを話したり、普段とは違う関係性を築けたら思って設定したルールでしたが、仕事や肩書を使わずとも、それぞれのキャラクターが色濃く出て、とてもおもしろかったです。
好きな本を誰かが「私も!!」って言ってくれると何だか中学の同級生みたいに会話が弾んじゃうのなんででしょうね。笑

◆ポップコーンで世界を変える10代、異業種に踏み出す人の背中を押す先輩
「アンスクーリングを日本に広めたいのだけど、何から始めたらいいか」と迷う人がいれば、起業家を応援してきたマスター&ママが相談に乗ったり、自分の学校経験から感じたことをみんなでシェアして盛り上がったり、
「ポップコーンは五感で楽しむことができるし、全世界で通じるエンターテイメントだ」と目を輝かせて話す10代の言葉に胸が熱くなったり、普段何気なく考えている「いつかやりたいコト」や「はじめかたがわからないコト」をお互いに話し合うことで、やりたかったことがより明確になり、行動の道筋が見えてきたという人もいて、3時間という短い時間でしたが、とても濃い時間を過ごすことができました。

自分の好きなことを語る日というのは、こんな特別な笑顔になるんですね。
今回は、お話できなかった方も多かったので、「こんなことをしたい!!」という、みんなの想いがぶつかり合い、もう二度と離れられないような化学反応を楽しめるような、新たな場を作っていけたらと思っています。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
ぜひこれからも定期的に集まって、お話しましょう〜!
杜氏はチーママ&チーマスターの腕を磨いておきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おせっかい社かける
常識に囚われず、たくさんの笑顔を生みだす面白い事業やプロジェクト=「じょもろいコト」を仕掛ける、お節介なプロデューサー集団です。 くわしくはWEBで:https://www.kakeru.fun/