新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

映画『ひろしま』大阪上映・トークイベント参加申し込み

映画『ひろしま』大阪上映・トークイベント
―約8万8千人の市民が参加した幻の映画―


日時:2021年7月22日(木・休)午後1時30分~上映
会場:エルおおさか本館7階709
   (地下鉄・京阪「天満橋」駅から徒歩10分)
参加費:一般1,800円、障がい者・学生以下1,000円
主催:映画『ひろしま』大阪上映・トークイベント実行委員会
提供:独立プロ名画保存会

映画『ひろしま』大阪上映・トークイベント参加申し込み
こちら

※席に余りがある場合のみ、当日参加を受け付けます。
※新型コロナウイルス感染の防止対策を講じて開催します。マスクの着用や検温にご協力をお願いします。

《7月20日更新》15時30分頃からのトークについては以下のURLで中継することになりました。視聴については参加申し込みは不要です。https://www.youtube.com/watch?v=CjzIimne24Q
※13時30分からの映画本編は中継しません。上映を視聴される方は、会場参加をお申し込みください。

画像1

映画『ひろしま』とは

 長田新が編纂した文集『原爆の子~広島の少年少女のうったえ』(岩波書店、1951年)を八木保太郎が脚色。原爆投下の8年後に日本教職員組合と広島市民の全面協力によって制作された。
 実際に被爆した市民など約8万8千人がエキストラとして参加し、原爆投下後の群衆シーンが撮影されたが、完成当時は大手配給会社から上映を拒否され、「幻の映画」と言われる。近年、世界各地で上映され、注目を集めている。

1953年/日本教職員組合作品/104分
監督:関川秀雄 脚色:八木保太郎
原作:長田新 撮影:宮島義勇 美術:平川透徹 音楽:伊福部昭
出演:月丘夢路 岡田英次 加藤嘉 山田五十鈴 原保美 利根はる恵

トークイベントゲスト

たちばな ゆひさん(俳優)
 学生時代に「映画『ひろしま』を世界へ~学生プロジェクト~」の一員として、『ひろしま』の英語字幕作成に関わる。映画『大コメ騒動』でおかかの一人・ミネ、NHK『歴史秘話ヒストリア』で今川氏真の妻・早川殿、阿野廉子を演じるなど活躍中。

富山 仁貴さん(兵庫県立大学非常勤講師)
 戦後の地域社会運動史が専門で、教育運動や教職員集団の歴史に詳しい。「教員組合運動における文化運動と映画―1950年代の京都教職員組合を中心に―」(2015年)など論考多数。関西学院大学大学院文学研究科博士後期課程修了(2021年)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
映画『ひろしま』大阪上映・トークイベント実行委員会
2021年7月22日(木・休)に約8万8000人の市民が参加した幻の映画『ひろしま』の上映とトークイベントを開催します。 主催:映画『ひろしま』大阪上映・トークイベント実行委員