細かすぎて伝わらないWake Up, Girls!楽曲の魅力を伝えたい
見出し画像

細かすぎて伝わらないWake Up, Girls!楽曲の魅力を伝えたい

歯痛(はいた)


この記事は何?

この記事は普段アニソンとか聞かない特定の邦楽ファン向けにWUG楽曲をちょっとでも知ってもらうために書いた。WUGそのものの話や岩手公演の感想などは書かれていないのでご注意ください。

はじめに

昔からブログを書こうとして1記事書き終わる前に挫折することには自信がある皆さんこんばんは。僕です。

昨年突然声優アイドルユニットWake Up, Girls!(以下WUG・わぐ)にハマり、2019年3月末での解散決定発表(ファンクラブ会員証が自宅に届いた直後だった)を受けてファイナルツアーを絶賛追いかけ中の昨今なのだけれど、先日の岩手公演を経てとうとう「自分も何か書かねば」みたいなところまで気持ちが至ってしまった。

とは言え他のワグナー(WUGファン)のように、岩手で見たこと、感じたことを素晴らしい表現でまとめることは難しいので、某ラジオ番組に投稿してボツになったメールを再編集して掲載してみたい。

それはとあるバンドのメンバーがやっているラジオ番組で、件のメールは「リスナーのオススメする隠れた名曲・名盤」コーナーに宛てて送ったものだった。「WUGを全く知らない音楽界の重鎮(?)がWUG楽曲を評価する」という一コマを解散までに一度見てみたく、またワグナーやWUGにとっても割りかし嬉しみある事件になるのでは、と頑張ってメールをしたためたものの、あえなく不採用となってしまった。自分の筆力のなさが恨めしい。

せめてこの曲を聞いて異なる層の方が10人くらい、いや1人でも興味を持ってくれればいいなと思い、この記事をアップすることにした。

前置きが長くなったが、ここでは前述の声優ユニット「Wake Up, Girls!」の歌う「恋?で愛?で暴君です!」を紹介する。曲タイトルのイントネーションは「飲んで食べて満足です」と同じだ。アニメ主題歌、いわゆるアニソンなので、ふだん聞き慣れない方は少し面食らうかも知れない。例のバンドのファンの皆さんの懐の深さを信じつつ、この名曲の聞きどころを挙げてみたい。

公式MVとサブスクのリンクを置いておくので、以下は聞きながら読んでもらえると幸いである。

Wake Up, Girls! / 恋?で愛?で暴君です!

全体としてはAメロ→Bメロ→サビ・・・と目まぐるしく展開する、典型的なアニソンなのだが、どの展開も聞く人の予想を少しずつ裏切って行くのが特徴だ。(ぜひ展開を予想しながら聞いて欲しい。特にラスト。この曲はどう終わるのか?)

イントロ~Bメロ

のっけからセブンスコード連発のイントロに驚く。どこか「牡牛座ラプソディ」を思わせる、素っ頓狂なメロディのAメロ。続くBメロではイントロのフレーズが再登場する。逆に言うとこの曲のイントロにはBメロがそのまま使われているのだけど、同じような構成の曲はちょっと他に思いつかない。

サビ

そしてサビでは、ここまでのカオスさは鳴りを潜め、メロディらしいメロディが登場する。よく聞くと「泣かせる」要素もある。「出会うために」のところの音階が綺麗だなと思う。2番に入るところで一瞬聞こえる逆再生音が強めのアクセントになっている。

2番~間奏


2番も概ね1番と同じ展開なのだけど、2番が終わって間奏に入ると様子がおかしくなる。
繰り返される「Darling darling から master ってシュッセカイドー?」等の意味不明なフレーズ。そのメロディが聞いたことのないような音階だったり、ギターソロが不必要に激しかったり、間奏明けで突然マンボ調になったりする。

ラスト

そして「ねえもっと嬉しそうにして欲しいのよ こっち向いちゃって!」を抜けた後は、この曲最大の「予想外」ポイントであるエンディングまで一気に駆け抜ける……。

まだまだこの曲の個人的なツボは語り足りないのだけど、何が素晴らしいって、これだけ色んな仕掛けを詰め込みながら、単純に楽しく、ポップでかわいい楽曲に仕上がっているところがすごい。作・編曲の田中秀和氏(音楽制作集団MONACA所属)はどの曲も傑作なのだけど、この曲は間違いなく最高傑作の一つだ。

チガちゃん

そして最後に、なんと言っても、この曲のベースを弾いているのは、我らが千ヶ崎学さん(KIRINJI)だ(ここまでバンド名を伏せた意味はなんだったのか)!特に2番のサビ直前の「唸り声」、そしてエンディングで余韻を残す感じが本当にステキなので、ぜひベースにも注目して聞いて頂きたい。

もし興味が湧いたら?

この曲を聞いてその他のWUG曲に1ミリでも興味を持ってくれたなら(特にあなたが某バンドのファンだった場合)、千ヶ崎さんがベース参加している曲から聞いて行くのがオススメだ。なぜならどの曲も超難しそうなフレーズを満面の笑顔で演奏する千ヶ崎さんが想像できるし、聞いていて楽しいから。以下は千ヶ崎さんがベース参加しているWUGほかMONACA楽曲のプレイリストだ。

(2018.12.13追記・プレイリストのリンク誤りを修正)

またWUGは2019/1/23発売のコンプリートベストに新曲4曲が収録されることが決定しているが、そちらにも千ヶ崎さんは参加されるようだ。

WUG曲を勧めたいのか千ヶ崎さんを勧めたいのか分からなくなってきたところでこの記事を終わる。最後に、WUGそのものにも興味が湧いた人向けにいくつかの記事を紹介しておく。(岩手公演すごかったんですよホント……。)

ここまで読んでくれてありがとうね。

P.S. 東北在住の人は知らないうちにWUG曲に触れているかも?↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
歯痛(はいた)