新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2020年、私にとってよかったもの

これは何

2020年、私にとってよかったものを羅列した投稿です。あくまで私にとって良かったもの、私軸のポジショントークです。

【動物】柴犬

画像2

画像3

画像1

一度目の緊急事態宣言が出て、子供も学校が閉鎖になり、家族全員が家で悶々としていたときに思い切って犬を迎え入れました。毎日朝晩散歩に行ったり、餌をあげたりしているうちに、かなりのストレス軽減になりました。
犬を飼うのは岐阜の実家では子供の頃から外飼いの経験はありましたが、独り立ちしてからは初めてです。子供に犬の名前を決めさせたところ「CEOかしゃちょうが良い」とのことで、呼びやすい「しゃちょう」となりました。シーイーオーはかなり呼びづらい。しゃちょうにしてよかった。
今では近所の犬オーナーの方々からも「しゃちょうちゃん」と言われて親しまれています。また、twitterでしゃちょうの写真をあげると確実にLikeが稼げるのでなんだか悔しいです。いいことですが。何だろうこの気持ち。

【運動】キックボクシング

画像4

私が通っているジムはいわゆる暗闇系ジムで、フィットネス目的のものです。2020年1月から行き始め、途中緊急事態宣言でお休みがあったものの、現在も続けています。大人になってからの運動はジョギングや筋トレ等をやってみたものの性に合わず続けられずで、格闘技系なら続けられるのではと思いやって見たところ完全にハマりました。
学生時代剣道をインターハイや国体に出るほどにやっていたのですが、剣道と所作が似たところもありやりやすかったのもあります。
このまま続けつつ、ちゃんと試合に出れる系?のジムにも平行して通いたいなと思っています。

【食事】マッスルグリル

2017年頃から本格的にスタートしたダイエットですが、途中から完全に独自のやり方でやるようになってしまい、2019年前半頃は行き過ぎた糖質制限を行うようになり、おにぎりをチューイングするなど、今思えば軽い摂食障害に陥っていました。そんな中出会ったのがこのYoutubeチャンネルです。
徹底的に考えられたPFCバランス、炊飯器だけでできあがるお手軽さ、シャイニー薊さんのかわいらしさとそれを支えるスマイル井上さんの関係性が最高で、私の謎な摂食障害も払拭されていきました。
最近ではそんなに沼やジャンピラフを作ることもなくなったのですが、PFCバランスを整えての食事は変わらず行っています。

【コンテンツ】「祝!あちこちオードリー開店1周年パーティー~春日の店、今夜は完全予約制ですよ!~」

テレ東で放送されている「あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜」の一周年記念オンラインライブ。パンサー向井をゲストに迎えたトークライブで、4万2千人を集めた。
とにかくむちゃくちゃ面白かった内容(内容を言ってはいけないのでかけないが)もさることながら、テレビ視聴者を流入した、2,000円のオンラインライブに4万2千人来たという事実がすごい。きちんとユーザーに向いたコンテンツは適切に課金されるのだということを体感しました。
ちなみに同タイミングで発売されたグッズもめちゃくちゃかわいくて、「セカンドの7番」キーホルダーや「ホントのことを言わない国に着陸するんだな」と書かれたグラスを買ってしまいました。
その後の放送を見る限り、この「4万2千人集めた」という事実が引き続きテレビ東京で番組を続ける強い理由になっているようで、ユーザーがコンテンツを支える良い形だなあと思いました。

【コンテンツ】有吉の壁

 
https://twitter.com/ariyoshinokabe

2020年、コンテンツの力を持ってメディアプラットフォームを蹂躙したのは有吉の壁じゃないかなと思います。
Twitterでフロー情報を流す→Youtubeで小出しにあおる→リアタイで日テレ放送する→Huluでディレクターズカットを放送する。年末には新設されたHuluストアでKOUGU維新のミュージカルが配信されたのもすごかったです。
あちこちオードリーもそうですが、コンテンツホルダーがきちんとメディアプラットフォームをチョイスすれば、最高の環境でユーザーに価値提供できることが立証できた2020年だったと感じます。

【コンテンツ】東野幸治の幻ラジオ

東野幸治さんが、「ラジオやりましょう」と言われ「いいですよ」といって待っていたら「スポンサーが見つからなかったのでできなくなりました」と言われ、腹が立ってたちあげたYoutubeチャンネルです。私のような40代半ばの人間にとってはひがしのりのトークは心地よく、また音声だけなのでとてもほどよい距離感で良いです。
手弁当で始めたつたないラジオも、現在ではチャンネル登録者数は14万人を超え、スポンサーも付き、ついにはオールナイトニッポンを1日やるという所まで来ました。リスナーは「幻民」と言って、はがきを送ることもでき、時々紹介されます。
東野さんはスポンサー探しもご自身でされていて、ゲーミングパソコン、ゲーミングチェアとゲーム系のスポンサーが付いたこともあってゲームも始めてますね。スポンサーとの適切な距離もなかなかいいなあ〜と思います。

【コンテンツ】街録ch

先に紹介した東野幸治の幻ラジオで紹介されていたYoutubeチャンネルです。テレビディレクターの方が一人で町に出てインタビューする企画です。元々、ファミリーヒストリー、ノンフィクション、ドキュメント72時間などの番組が好きなので、一気にハマりました。一番好きなのは「35年間 無職のセレブ」の回ですね。


LGBTQの人へのインタビュー率が高いのですがあまりそちらには興味がない(身近に知り合いが多いのもありあんまり新鮮に感じないのもある)ので、他には業務スーパー野沢さんの回とかかなあ。
ドキュメンタリー好きの方にはハマるんじゃないかなと思います。(が、その一方で最近出てくる人が出たい目的になりつつあるように感じるので、今後どうなっていくかちょっと不安)。

【読み物】若林正恭のnote

さがして、課金して、読んでください。以上!(内容について何も書けないルールなので)

【家電】3,280円の掃除機

犬を飼い始めてから悩まされたのは「犬の抜け毛がすごい」ということです。特に柴犬はすごい。すでに持っていたマキタの掃除機ではいまいちでした。そこでアマゾンのレビュー等調べまくり、本製品にたどり着きました。
作りはチープですし、細かい掃除には向いてないのですが、犬の毛を取るということに関しては圧倒的な力を発揮します。しかも3,000円台という安さ。自宅で毛が落ちる動物を飼っている方は是非お試しください。


【家電】BRUNO ホットプレートグランデサイズ

BRUNOの存在は以前から知っていたのですが、我が家はコロナ禍前はそれなりに人が来てパーティー的なのをしてましたしコロナ禍が過ぎればまたすると思うので、普通のサイズでは小さいな・・・と思い手を出さずにいました。しかし、グランデサイズが発売されているのを知り、購入しました。
こちらを購入することで、土鍋・ホットプレート、焼き肉用ホットプレート、たこ焼き器の4つを一気に処分することができました。結構値が張りますが、私にとっては台所の収納スペースを開けることの方がプライオリティ高かったです。あとは、これまで利用していたホットプレートが20年選手くらいだった、ってのもありますね。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
😉
8
HRBP at Samurai Incubate Inc. Queer. Nonbinary. Shibainu owner. Parent of a teenager. / サムライインキュベートの戦略人事担当。クィアでノンバイナリーで柴犬を飼っている一児の親です。