Tabloid Revue。たぶん其の三。もしくは番外編。

赤坂でのTabloid Revue、残り4公演となりまして。 満員御礼とは参りませんが、当初の予想よりも多くのお客様においで頂いて。ほぼほぼ有り難い空間での公演が続いておりま...

Tabloid Revue。たぶん其の二。

7年ぶりのTabloid Revue。 前回『密会』の出演者は、吉野圭吾、 風花 舞、 小野妃香里、 海宝直人、 保坂知寿(敬称略)。 日数・回数とも今回より少なかったのですが、濃...

理由は多々あれど。

僕が旧職場を辞めるにあたって。 理由は幾つもあった。シンプルではあるが、そんなに単純な事でもない。 迷いがなかった訳でもない。 でも(よく言われる)鐘が鳴ったとい...

そう。それなりに没交渉ではありません。
どうしても限られてきますが、昔の仕事仲間は遠くても近いのです。
ひとつところに16年も居ましたからね。家族よりも近い部分があります。
今も居れば、研28だって!
オソロシイ(笑)ですね。
勿論、劇団外の仲間たちも同じくです。遠くても近い。

なので、ご本人は疑っているけれど、僕はDちゃんを先輩として尊敬しているのです。その強さと純粋さを。
20~30代を共にした劇団演出部の仲間は、掛け替えのない友人たちなのです。
あ、友人とか言うと、また敬っていないと怒られちゃうかも。
実際、生意気な後輩だったと思います☆

昨日、久しぶりに(という程でもないけど)先輩のDちゃんとゴハン食べて話していたら、やっぱり彼は「残る」ことの出来る人なんだな、と。
良い悪いの話ではありません。適性?
僕は丁稚根性も強いのだけど、反面ヤサグレでもあるし別れに弱いので。
ひとを見送り続ける仕事はツラかったりした。