みるふぃーゆ
祝「分身ロボットカフェDAWN ver.β」 常設実験店 オープン決定!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

祝「分身ロボットカフェDAWN ver.β」 常設実験店 オープン決定!

みるふぃーゆ


久しぶりのコラム投稿を、このBIGニュースで飾ることができて嬉しい。

グランドオープン 2021年6月21日(月)


公表される少し前から東京・日本橋に常設店ができることは知っていたが、やはり正式に公になり、各種メディアの記事を目にすると大きなインパクトを持って迫ってくるものがある。

参考: ロボスタ



『分身ロボットカフェの常設店を‼』という彼らの想いは、初めて分身ロボットカフェを実験した頃から言っていることでありずっと変わっていない。そして、本当は昨年2020年のオリンピック・パラリンピックの時期にあわせてオープンすることを目指していた。

しかし、ご存じの通り、新型コロナウィルスによる今まで経験したことのない世界の大きな変化や、それに伴うオリンピック・パラリンピックの延期など状況は刻刻と様変わりし厳しくなっていった。


コロナ禍で状況が変化していく中でも、何度か彼らと意見を交わす機会があった。出会ってから半年に一回のペースでお互いが何を感じているかについてざっくばらんに話す場を持ってきているが、何が難しくなり次にどんなアクションを実行していかなくてはならないか等、今まで以上にその場で解を得られるものは少なく、ある意味混沌とした気持ちで終わることもあった。(昔から、もともと我々が話す時は、その場での解を求めてはいないのかもしれないが…。)

それでも、厳しい状況の中でも真摯に思考し模索することを続ける彼らは、出会った頃と何一つ変わらずにいることが、個人的にはとても嬉しかった。

だからこそ、彼らがずっとこだわってきたその「常設店」を、今強い想いとこだわりをもって実現しようとしていることが尊いと思うのだ。

「素敵な取り組みだ!」とか「素晴らしい!」等というのは簡単だが、そんな軽々しい言葉を使いたくないなと個人的には思っている。本当に尊いことなんだと思っているから。


そして、オリィ研究所のメンバーは、オープンに向けて日々準備に追われ、肉体的には疲労している部分もあると思うし、次から次へと押し寄せる調整事項や打合せ、開発や試験の中で、毎日「まじかっ!」と心の中で叫んでいるかもしれない。表には出さないだけで、個々に焦りや不安だってあるんだろうと思う。

それでも、彼らが頑張れるのは、ここまで想いを紡ぎ重ねてきた過去と、社会を変える・未来を創るという営みへのエネルギーが次から次へと心の奥底から溢れ出てくる感覚があるからだと思う。モノづくり、コトづくりの両輪を回しながら駆け抜けるのは並大抵のことではないが、パワーONになった時のエネルギー量は半端ないのだ。


そして、
このコラムの読者には是非わかって頂きたいもう一つの重要なことがある。

この『常設実験店』には、ある使命があると思っている。それはこの店舗は初号店であって、そこで終わらせてはいけないのである。常設2店舗目、3店舗目…と、東京から地方へと広がりを見せるスタート地点でしかない。

『常設実験店』が各地方に1店舗づつでき、その後「実験」という言葉が外れ、常設店もあえて言わなくてよくなり、ただの「分身ロボットカフェ」となることを目指している。

そのために必須なことは何か、何を取捨選択しなくてはいけないかを見極めるための、今は『常設実験店』なのである。社会に溶け込む術を見つけるため、日々彼らは実験をより加速させていく。



そして…

あなたは、あなたの住む街、地域に溶け込んだ分身ロボットカフェをみたくはないか?


その時は、カフェの形態や規模は様々であっていいと思う。東京と同じ規模感でなくても、そこに確実に一人ひとりが必要とされていると実感できるコミュニケーションの場ができていれば、その地域に根差したスタイルであっていいのだ。いや持続可能な形となるためにはそうあるべきだと思う。


そして、もしそういう未来をつくることに興味をもち、そのために自分は何ができるか?を真剣に考えたいと思っている方がいたら、是非、日本橋での分身ロボットカフェにご来店いただければと思う。

私もエバンジェリスト活動のベース基地として、日本橋の分身ロボットカフェを活用していく予定である。(勝手にそう決めている‼ 事後承諾♡)

私も定期的に日本橋のカフェに出没するので、地域に根差したカフェの在り方について一緒に考えられたらうれしい。もちろんOriHimeを介せば全国どこからでも瞬間移動(ワープ)できるのだから「集合場所は日本橋ね!」ですぐ会える!

そして、今開発中のオリジナルブレンドの美味しいコーヒーをのみながら、雑談からはじめよう!イノベーションは雑談から生まれるのだから。

”THE!雑談タイム”! 是非、ご一緒できれたら嬉しい。

PS)ほんと!オリジナルブレンド楽しみすぎるんだけど‼ できれば、コクとゆったりした香り、ブラックなのに甘さのあるコーヒーもよろしくお願いします。










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みるふぃーゆ
NTT にて研究開発に長年従事。入社当時から一貫して、社会的課題の解決やコミュニケーションの本質を自分の思考の基軸とし、それらをテーマとした研究開発を実施。「ビジネスはありがとうの連鎖」と考え社会実装を推進する。またイノベーション創発促進のためのコミュニケーション手段も検討中。