杜撰ってどう考えてもずさんじゃないでしょ。

言質のげんち感の薄さも気になる。


こないだから産休入りました~

おめでとう私!よくがんばりました!!


もう私は何も責任とらなくていい。
もし何か起こしていたとしてももうどうでもいい。

控えめに言って、最高。



ほぼ毎週土曜日出勤だったのがなくなったお陰で、
私の大好きな朝パラとウラマヨと土ダメが見られるようになったのが嬉しい。(関西圏の人しかわからない)

控えめに言って、極上。


もうこれ以上ないぐらいダラダラ過ごそうと思います。

お盆も不参加で良いと言われたし、寝てんのか起きてんのか死んでんのか訳わからん生活しようと思います。暑いし。

夫婦で過ごせる最後の数ヶ月だね♡なんて小粋なこと言ってくれる人いるけど、もう本当にそんなことはどうでもいいので寝てんのか起きてんのか死んでんのか訳わからん生活に拍車かかる予定です。
夫もそんなこと微塵も考えてないはず。


それから、図書館に通って、色んな本を読みたいと思っています。節約。
読みきれないぐらいの冊数を借りてのんびり読みたい。何よりダラダラ読んでたら眠くなるでしょ。それ待ち。

最近、アマプラで興味ない邦画を音量下げて見てる。何言ってるかわからん。最高のまどろみ。これも睡眠目的。
でも効果音だけ大きくて俳優さん達が何言ってるかわかんないの邦画業界の人々にはなんとかしてほしい。オシャレ感??

noteかいてる今もウトウトして気を抜けば眠れるレベル。なんなら寝るためにかいてる説。


永遠に寝ていたい。寝ながら出産したい。



そういえば、ご飯が食べられなくなりました。

お腹いっぱい食べちゃうのはもう癖というか本性というか性質というかアイデンティティーというか…。(性根がデブ)
その「お腹いっぱいレベル」が下がった気がする。

お昼食べたらもう晩ご飯はほぼいらない。
食べな?って言われるからお茶碗1杯とおかず3口ぐらい食べて満足。(結構食べてる?)
まじ少食。自分が恐い。そんな日が来るなんて…。妊娠ファンタジー。

…あれ?…そういえば…
昨日の昼ご飯はカツ丼とネバネバサラダとアメリカンドッグとまるごとバナナだったな???だいぶ食ってんな??

ほんとこれはやり過ぎた。
胸焼けが止まらなかった。寝ても覚めても胃が重かった。アメリカンドッグがいらなかった…。(まるごとバナナもカツ丼もやめとけよ)

食べ過ぎちゃうのがデブというか、
「あれもこれも絶対食べられるわ!今食べたいし買お!!」
→「え、会計1,000円越してる?!まぁでも食べれるしいっか★」
→「食べるのしんどい…買いすぎた…でも食べきってみせる…!!」
→不名誉にも完食
このサイクルがデブだなと思う。
申し訳程度にネバネバサラダ買ってんじゃねぇよデブ。何がネバネバだ。

昨晩は自炊。
茄子を素揚げしてピリ辛タレで絡めたやつと、チキンステーキとお味噌汁。ご飯は冷凍してたホッケをひじきと一緒に炊いたものを。
久しぶりの割にはちゃんとしたの作れました。夫も美味しいと言っておりました。
夫に作る料理はおかずを3品は用意するルールを自分に課してます。(お味噌汁も1品に含まれます)
久しぶりに作ると、コンビニ弁当より何倍も美味しいと思うねぇ。(私、ほぼ食べてないけど)
でも自分一人の時に頑張れないんだよねぇ。
洗い物めんどくさいしねぇ。
外出しての日焼けも気になるけど、めんどくささの方が勝る。圧倒的優勝。

今日は夫も朝から家にいたけど、朝は別々に。
昨日の残りのホッケ入りご飯とお味噌汁だったかな?(私はご飯2杯のお味噌汁なし)
昼は夫が揚げてくれた唐揚げと昨日の残りのホッケ入りご飯。(ホッケ入りご飯ここで終了)

これぐらいで、晩は全然お腹空いてないのです。(永遠に寝てるし当然)

驚いたことに夫もお腹空いてないんです。
夫、確実に痩せます。(筋トレしたり、ランニングしてるのに)

産後、私の方が太る気しかしない。。。

引退してから数ヶ月。
本来は痩せちゃう系男子の本領を発揮している…。
背中みたら筋肉が減っているのがよくわかる。ショック。
「まだ腹筋は出るよ~♪」とか言うけど、そういうことじゃないのだよ。夫くん。。

そんな夫はヨーグルト食べて満足してました。
私は枝豆とクリームチーズ和えたやつ作って食べました。(小腹すいたときにお皿2つ以上使う料理作るのはデブ)

自分がデブなもんで、ガリガリの男が好みでない私。
ことあるごとにネチネチと「ガリガリやだ」「ガリガリ無理」「背中の写真撮ろうか?(筋肉量減ってるのを見せるために)」って伝えてるけど、もう無理なんだな…。ガリガリ遺伝子は止められないんだな…。

夫曰く「どう考えても太る方が大変なんだよ!」らしいけど、デブとガリはもうこの認識のズレから相容れないのですね。

娘よ。何度もいうけど、体質は父親に似る方がオススメですよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
アラサー独身女改め、アラサーデキ婚女の独り言。日々のこと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。