見出し画像

第 168 回目 ガラス工房 亜sian.h

画像1

令和 2 年 6 月 28 日 沖縄タイムス 経済 6 面掲載

つぎはぎシリーズ
廃材を独創的な器に

 「津波古亜希 新作ガラス展」が7月19日まで、プラザハウス1F「Flagship OKINAWA」で開催中です。亜希さんの創作工程は、窓用板ガラスの廃材を粉砕→砕いたガラスをまた溶かし合わせるフュージング→さらにお皿の形に合わせて曲げるスランピングという技法で製作します。時間と労力を積み重ねる工程を経て「つぎはぎシリーズ」という独創的な作品を生み出しました。亜希さんは「ガラスを縫いたい」と、銅線を細かくカットして挟み込み、ステッチ柄を入れるなどユニークです。
 新作「Tsu-gi ポケット 壁掛け(税別4200円~)」では「洋服のポッケがモチーフ。可愛いお花が咲いていたから摘んで来たよ、という感じで壁に掛けてもらえたら」と話します。この花器、花を受ける裏ポケットの曲げの技術が超難題。少しの温度変化でも割れてしまうため、それを解決する技法を求めて修行僧のように黙々と立ち向かったそうです。
 コロナ禍で何かと人の心がささくれ立つ世の中。小さなガラス片を寄せ集めてつなぎ合わせることやお互いを縫い合わせて支え合う、という発想の亜希さんの作品には今の時代だからこそ人の心に響く力があるように感じます。花を生けて心静かに愛でる時間をつくってみませんか。
【メモ】南城市玉城志堅原462。電話098(943)9351。ホームページあり。
Glass Studio 亜sian.h 公式 フェイスブックページ >> https://www.facebook.com/Asian.h2011/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「よろず支援拠点」は、中企庁が設置している無料の経営相談所です。「首里城火災」「CSF(豚コレラ)発生」「新型コロナウィルス」関連の経営相談窓口でもあります。中小企業・小規模事業者、NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人等に類する方、「創業予定の方」のご相談、お待ちしています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。