小栗太@日経

日本経済新聞の編集委員兼キャスターです。1994年からマーケット取材を始めて25年余り。日経電子版や日経ヴェリタスへの執筆のほか、BSテレ東「日経プラス10」、日経CNBC「夜エクスプレス」などに出演中。ツイッター(@ogurifutoshi)で最新情報を発信しています。
    • 日経COMEMO

      • 10324本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

多様化する新時代に応えるメディア

日本経済新聞から全く新しい形のメディアがスタートしました。その名は日経ニューズレター「NIKKEI Briefing」。各分野の専門ライターが新聞には載せない個人名のコラムを…

ハリー・ポッターの世界へようこそ

映画「ハリー・ポッター」シリーズの一場面に、写真が突然動き出す新聞が登場します。「いつか、そんな夢のある新聞を作ってみたい」。ずっと抱いていた思いが、日経ヴェリ…

「孤客」消費のゆくえ

日経ヴェリタスでは今年度、消費の新潮流として「孤客」市場に注目した特集を展開しています。 ここ数年、メディアでは「おひとりさま」消費として、1人カラオケや1人焼…

【お礼】次代の人材育成は

24日付日経朝刊デジタルトレンド面で、学校に足りない教育についてのアンケート結果を掲載させていただきました。沢山の回答・意見をいただき、ありがとうございました。お…

【ご意見募集】学校に足りない教育は?

子供向けのプログラミング教室が人気です。文部科学省も学校でのプログラミング授業の必修化に取り組み始めました。人口減と少子化が深刻になるなかで日本が衰退国への道を…

今こそイノベ革命を

世界中が注目する五輪・パラリンピックは新たなイノベーションを生み出す装置です。1964年の東京五輪の9日前に東海道新幹線が開通したのは有名な話ですが、衛星放送やユニ…