odol | backyard
独り / desolation
見出し画像

独り / desolation

odol | backyard

Lyric Video #はためきとまなざし

Self Liner Notes

ミゾベ
"別れ"を歌ったこの曲には、様々なニュアンスで歌った声が入っています。普段より1オクターブ高い声、低い声。強い声、弱い声、囁く声。

もしも実際に誰かとの別れを経験したとき、すぐに整理がつくことなんてほとんどありません。人によっては一生そのまま、という場合さえあるほどです。それはなぜか。

きっと、悲しいや寂しいだけでなく、様々な感情が入り混じっているから。だからこそ絡み付き、身体や心からなかなか離れてくれないのです。「独り」で描いたのはそんな感情です。
森山
『はためき』収録曲で唯一、まだライブで演奏したことのない「独り」。
しかしそのイメージはしっかりと頭の中にあって、広いホールでのライブで演奏したいような、スケールは大きいけれど、静かに背筋を伸ばしている、みたいな曲です。

この曲では、スケール外の音や不協和な音程が多く登場します。
(弦のアレンジや歌のメロディに、簡単にいうと「濁って聴こえる音」が使われています)
個人的には澄んだ印象のある曲が多い『はためき』なのですが、その8曲目にこの曲の濁りが存在することで、アルバムが完成したと言っても過言ではないと思っています。
Shaikh
どうかこれからの僕らに
光が降り注ぐように

最後のサビでこの詞が歌われることで、この曲全体が否定ではなく肯定の曲であったことに気付かされます。
ミゾサンの巧みな詩作りが光る随一の楽曲だと思っています。

Self Liner Movie(IGTV)

画像1

独り

Words by ミゾベリョウ
Music by 森山公稀

ミゾベリョウ (Vocal)
Shaikh Sofian (E.Bass)
森山公稀 (Piano, Synthesizer, Programming)

Additional Musicians
須原杏 (Violin)
伊藤修平 (Cello)
深谷雄一 (Drums)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
odol | backyard

backyardの記事やodolの活動に共感していただけた方は、よろしければサポート(投げ銭)をお待ちしております。いただいたサポートはbackyardの運営に使わせていただきます。いつも応援ありがとうございます。

odol | backyard
インフォメーションが中心となりがちだったこれまでのSNSとは違った、日常の中での何気ないアウトプットや作品の裏側にあるものを出発点としたコミュニケーションを、この「odol | backyard」で始めていきたいと思っています。#odol_backyard