20分間の時間旅行

ぼくは、今日、こんな体験をした。

お昼ごはんを食べて、道の駅の駐車場にクルマを停め、エンジンを止めてやすんでいた。

おなかがいっぱいになると、いつも、だいたい眠くなる。

その時も猛烈な睡魔に襲われて、運転席に座ったままで、目を閉じた。

ふと目が覚めると、時計は1時16分だった。

ここから5分のところに、仕事場があって、1時半には着いておきたい。人が早く来て、待っていると思う。

「起きなきゃ。」と思いつつ、ついつい、また眠ってしまった。

ふたたび、目覚めたときは、12時56分だった。

まだ少し時間があるなと思った。そして、どういうわけか、1時16分には目が覚める確信があったので、安心して目を閉じた。

そして、三度(みたび)目覚めたときに時計を見ると、1時16分だった。

もちろん、仕事先には時間までに余裕で着いた。

------------

その時は、不思議には感じなかったことが、今となっては、不思議に思う。

https://tajiri90.com/時間旅行/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
鳥取のオカリーナ吹きであり、クラリネット吹き、ギター弾き、時にはパソコンの先生もしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。