見出し画像

【忘却度100%】ナンシー・B・レイク「クララ・シューマン 女の愛と芸術の生涯」

2008年11月23日。

 これも謎なんですけど、日記には「ずっと気になってたクララ・シューマンの本4冊、取り寄せて図書館で借りる」とあります。
 ときどき、急に何かについて知りたくなるときがあります。「月と六ペンス」に書いてますが、後年、ゴーギャンの生涯に関する本や資料を読み漁ったこともありますし(小説に役立ちました)、数年前はスペイン内戦のことばかり調べてたこともあります(小説になりませんでした)。
 でもなぜこのとき、シューマンの奥さんに興味を持ったのか、まったく謎。

<ネットで調べてみる>

 ブラームスとの不倫説に興味あったのかなあ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!