塗田一帆の短編小説

8
記事

【短編小説】セックスしないと出られない部屋ベリーハードモード

目が覚めると、入ったことはないがよく見知った部屋にいた。  しかし、俺が知っているその部…

【再掲】鈴波アミを待っています(#cakesコンテスト2020)

まえがき これは、2020年2月24日に投稿した短編小説「鈴波アミを待っています」を、「#cakes…

【短編小説】アンロック!

例えば鍵の掛かった部屋があったとして、それを開けるための鍵は存在しないとする。その扉は非…

【短編小説】無観客漫談

この物語フィクションです。作品内で扱っている新型コロナウイルスを含む全ての情報に関して事…

【短編小説】鈴波アミを待っています

21時45分、冷蔵庫から缶ビールを取り出す。今日は一番のヤツで優勝することにしよう。自宅で飲…

【短編小説】トビウオ錠

世界はカフェインでできている。サラリーマンもOLも総理大臣も漫画家も、皆コーヒーや緑茶をす…

【短編小説】特別無電波区域

僕の両親は反インターネット主義者だ。だから、一家揃ってこの香河島に移住してきた。何も、最…

【短編小説】 ハローユニゾン

天才ミュージシャンは27歳で死ぬ。そんな話を初めて聞かされたのは、ギターの弾き語りを始めて…