見出し画像

台湾華語レッスンメモ もっと~の言い方は?

nuko

「もっとゆっくり食べて」「もっと早く歩いて」のように、「もっと~して」のような相手に対して動作を促すときに使う表現があります。

吃慢一點 (もっとゆっくり食べて)
走快一點 (もっと早く歩いて)

普通によいと言うだけなら、「說得很好」 のように「很好」が後ろにつきます、この表現の場合は「說得一點」というように”動詞+副詞+一點”のように最後に「一點」を付ける形になります。
また、少し/ちょっと~のときは”一點+形容詞”なので位置で意味が変わってきます。

否定文になると動詞の前に不がつく形になります。没ではなく不なのは、「一點」は「もっと~しないと」のように仮定のような意味合いも含むため過去の否定である没は使わないと先生から言われました。

你不走快一點,就不能跟他見面了。

上記の例では、「もっと早く歩かなかったから、彼に会えなかった」という過去の話ではなく、「もっと早く歩かないと、彼に会えなくなってしまう」というような仮定のような意味になります。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
nuko

よければサポートお願いします😺