見出し画像

脳梗塞のBADタイプってなに? ~BADについて考えてみた~

こんにちは!本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。
2日目を担当しますのは、理学療法士の清水啓史と申します。
愛媛県の一般病院にて回復期病棟勤務、外来勤務、老健勤務を経て、現在は大阪府の脳神経外科病院にて急性期〜回復期までの患者様のリハビリテーションをしています。
私のブログの内容は、私が普段の臨床で気になること、脳血管疾患の患者様へのリハビリで悩むこと、臨床での経験談などをお伝えしていきたいと思います。
最後までどうぞよろしくお願いいたします!

本日は脳梗塞のBADタイプについて考えていきます!
新規の患者様のカルテを見て『脳梗塞(BAD type)』と診断名が出たときに、「BAD?」「他の脳梗塞と何が違うの?」「何か特別なことがあるの?」「何をすればいいの?」「そもそもBADってなに?」
と思うことはないでしょうか?

考える


今回は以下のポイントを中心にまとめていきます。

■ 脳梗塞の中でのBADタイプとは何か?
■ リハビリをどう考えていくのか?


他の脳梗塞とは何が違うの??


脳梗塞とは…

引用 
脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいう。

脳梗塞,Wikipedia,
https://ja.wikipedia.org/wiki/脳梗塞


みなさんご存知の方が多いと思いますが、
・アテローム血栓性脳梗塞
・心原性脳塞栓症
・ラクナ梗塞
この3つに大きく分けられているのではないかと思います。
私も養成校時代に3つ学びました。

BADとは…


引用 
1989年にCaplanという人が提唱した病理的概念です。
BADとは穿通枝が主幹動脈からの近傍で閉塞することによって生じる穿通枝領域の梗塞である。

脳梗塞,Wikipedia,
https://ja.wikipedia.org/wiki/脳梗塞#BAD(branch_atheromatous_disease)

文章での説明ではイメージしにくいと思いますので、図でBADとラクナ梗塞の違いを見ていきましょう。

この続きをみるには

この続き: 4,119文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

脳梗塞のBADタイプってなに? ~BADについて考えてみた~

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
44
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!