脳浮腫ってどんな状態?~脳浮腫があるときのリハビリテーションを考える~
見出し画像

脳浮腫ってどんな状態?~脳浮腫があるときのリハビリテーションを考える~

脳外ブログ 臨床BATON


こんにちは。
本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。
第25日目を担当するのは、脳神経外科病院にて急性期〜回復期までのリハビリテーションを担当している清水啓史です。

前回は脳梗塞のBADについてお伝えしました。
前回の記事は下のリンクから閲覧可能ですのでよろしければお読みください。


今回は急性期で遭遇することのある『脳浮腫』について話したいと思います。

私自身、最初は臨床において脳浮腫というものを意識していませんでした💦
しかし、臨床を進めていく中で、『発症直後よりも徐々に意識レベルが低下していく』、『急性期の患者様の意識レベルが数日で急激に改善する』、『脳画像と症状が一致しない部分がある』というような経験をしました。
なぜこのような現象が起きたのか?そのときはわからなかったのです。
脳卒中後には一時的に脳機能が低下し、そこから回復してくることがあるということがわかりました。
もう少し詳しく原因を考えていくと、「ペナンブラ」や「機能乖離」、「血腫の進展と吸収」、「脳浮腫」が関与しているとわかりました。

今回はその中でも『脳浮腫』にフォーカスして
・急性期での脳の状態をどう読み解くのか?
・リハビリテーションをどう考えるのか?をお伝えしたいと思います。


●脳浮腫とは

引用
脳実質内に異常な水分貯留を生じ、脳容積が増大した状態である。脳腫脹も同義である。
”脳浮腫”『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』https://ja.wikipedia.org/wiki/脳浮腫


脳実質内に異常な水分貯留が生じることで、脳血流量の低下を助長し機能低下を起こします。
さらに頭蓋内圧の上昇により脳ヘルニアを引き起こすことがあります。


脳浮腫の発生を知る


脳浮腫は脳腫瘍、脳血管障害(脳梗塞や脳出血)、頭部外傷、感染、水頭症など頭蓋内病変に起因します。
脳浮腫は発生の違いから大きく3つに分けることができます。

この続きをみるには

この続き: 3,664文字 / 画像3枚

このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
脳外ブログ 臨床BATON
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!