見出し画像

痛みの評価を考える ~数字の10、9だけで痛みを判断してはいけない~

おはようございます(^-^)本日も臨床BATONへお越しいただき、ありがとうございます。
最近家庭菜園を始めて、毎日『まだか、まだか』と子供のようにプランターをのぞき込んでいる、184日目担当のPTジュニアこと吉岡勇貴です(^-^)

*はじめに

まずは私の痛みの評価での失敗体験を共有していきます。
★痛みの評価は数字でしか評価出来ていなかった。
→VAS等で出た数字がどれくらい下がっていくのを評価していた。
しかし、10→9・8・7と下がっていくがそれが機能的な部分やADLに関係しているのかまで評価出来ていなかったし、評価しにくい部分でした。
また、痛みが有るか無いかだけにフォーカスを当ててしまっていました。

★痛みの特徴を捉えていなかった。
 →私自身痛みは有無と量・強度でしか捉えていなかったです。痛みの種類がある中で量的な部分だけで痛みを読み解く事には限界がありました。しかし、それ以外の事で評価する術を持っていませんでした。

実際私自身がこのような失敗体験もしてきましたし、実習で来る学生さんも痛みの評価は実施してくれますが、臨床やレポートで統合と解釈出来ているケースはかなり少ないです。
私もそうでしたが何の為に評価していたのだろうとなってしまいます。
評価する事が目的になってしまっている事が私も含めて多くなっているように思います。または、評価しないといけないという固定概念があるのかもしれないですね。
しかし、評価したのであればそれを治療にいかせる形にしたいと思いました。そこで今回のテーマでもある量的評価だけでなく、質的評価(数量では表現出来ない評価)にフォーカスを当てる事で少しでも痛みの治療に繋がればと考えています。

*痛みの量的評価

この続きをみるには

この続き: 3,585文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

痛みの評価を考える ~数字の10、9だけで痛みを判断してはいけない~

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
You're the best(あなたって最高)
13
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!