見出し画像

片脚立位の何を評価しているのか?   ~20秒出来るかではなく、3つの視点から考えていく~

皆さんおはようございます🙇‍♂️本日も臨床BATONへお越しいただき、ありがとうございます。
152日目担当のジュニアことPT吉岡勇貴です。

1.はじめに

私自身が臨床を1~3年目の時には片脚立位が不可=バランスが悪い=中殿筋の筋力低下という判断をしていました。なので、歩行でふらつきのあるような患者さまでは片脚立位の評価していました。
それに対して片脚立位の訓練を反復していたり、外転運動をして片脚立位に繋げるように訓練していました。

しかし、これは片脚立位が出来ないという現象に対する訓練であり、そこでの変化がどうような運動や動作に影響を与えるかまでは考えていませんでした。
最初は無意識で歩行の安定や転倒リスク評価を目的にしていたのですが、現象だけに捉われた結果片脚立位が出来るかどれだけ長く片脚立位が出来るかどうかだけに着目していました。
その結果片脚立位の秒数が少し長くなる事で『長くなりましたね。筋力がついてきましたね』などの声掛けになってしまっていたのだと反省するばかりで、今思い出してみると患者さまの反応も悪かったです。
私の自己満足であったことは間違いないです💦


そこでまずは私自身の失敗体験をお伝えしたいと思います。


私自身の失敗体験

この続きをみるには

この続き: 4,286文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

片脚立位の何を評価しているのか?   ~20秒出来るかではなく、3つの視点から考えていく~

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
17
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!