脳室穿破ってどんな状態?~リハビリテーションを考える~
見出し画像

脳室穿破ってどんな状態?~リハビリテーションを考える~

おはようございます!
脳神経外科病院にて急性期~回復期のリハビリテーションを担当している清水啓史です。
皆さん本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。
ついに2020年も残すところあと1ヵ月となりました。
いろんなことが起こった1年でしたが、あと1ヵ月気を抜かずに過ごしていきたいと思います。

前回は『くも膜下出血後のリハビリテーション~どうする?脳血管攣縮への対応~』というテーマで記事を書きました。
気になる方は是非下記のリンクから覗いてみてください!(^^)!


本日は『脳室穿破』についてまとめていきます。
脳室穿破と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
私は「意識障害がでるな」くらいで、そこから掘り下げて考えていくことが出来ませんでした。
脳室穿破は脳出血の急性期で認められる病態であり、急性期からのリハビリテーションでは重要になってくる部分だと思います。
脳室穿破とは脳がどんな状態にあり、そこから逆算してリハビリテーションについて考えていきたいと思います。


脳室穿破とは?


脳実質内の出血に続き、近接する脳室内に血腫が穿破することです。

脳室穿破を起こすと、頭痛悪心・嘔吐項部硬直意識レベルの低下などの症状が出現します。
視床出血による脳室穿破では眼球の内側下方への偏倚が多くみられることがあります。

脳出血の急性期で認められる現象であり、急性期から関わるうえでどのような状態になっているのかを知っておかなければなりません。

どの部分の出血にて脳室穿破は引き起こされるのでしょうか?
主に、視床出血被殻出血小脳出血で認められる頻度が多いです。

視床出血や被殻出血の場合は第三脳室や側脳室、小脳出血では第四脳室へ血腫が穿破することがあります。

*第四脳室に近い部分で脳幹部もありますが、脳幹出血では回復が見込めないためセラピストが脳幹出血での脳室穿破を引き起こしている方に関わることはほぼないといえます。

そのため、視床や被殻、小脳の脳出血の場合には脳室穿破を起こしていないか確認します。
脳室穿破はCT画像にて簡単に確認することができます。
脳室が白くなっていれば脳室穿破を起こしているということです。
下の図に示す脳室部分が血腫の穿破により白くなります。

この続きをみるには

この続き: 3,110文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

今までに投稿してきた臨床BATONブログの中の『脳卒中』をテーマにしたブログのみを集めたマガジンになっております。 *臨床BATON(有…

または、記事単体で購入する

脳室穿破ってどんな状態?~リハビリテーションを考える~

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
You're the best(あなたって最高)
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!