マガジンのカバー画像

#写真 記事まとめ

855
写真や撮影テクニック、写真についてのに考察記事などをまとめていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

#13 - SIGMA DP3 Merrill

今回ご紹介するカメラは、2013年にSIGMAから発売された "DP3 Merrill" です。以前は親バカ写真や記念写真しか撮らなかったわたしが、このカメラに出会って写真の楽しさを知ることになりました。 もう製造を終了した過去のカメラです。この記事の有用性は低いかもしれません。自分の愛する機材をただただホメちぎる記事ですので、そんな記事だと思って観ていただけると幸いです。 作例まずは作例から。 構図とか被写体の面白さとかは無視してください。あくまでこのカメラが吐き出す

スキ
97

「うまいけど、ダメな写真」と「ヘタだけど、いい写真」

作家の岸田奈美さんと16才の男子高校生に写真を教えることになった。二人ともカメラのことも写真のこともまったく知らないようだ。それでもシャッターを押せばうつるのが写真の魅力のひとつだ。 しっかりのレベルにもよるけど、カメラのことと写真のことをしっかり学ぼうとしたらそれなりに時間がかかる。大学や専門学校で写真を専攻したぐらいだと、撮影現場ではまったく役にたたず、足をひっぱるだけの存在になって辛酸をグイッと飲まされる。(あれ、つらいよね) どれくらいの時間をかけてどこで何を学ん

スキ
2,622

誰でもカメラ vol.2

こんにちは。 Syuheiinoueです。 以前、自分の撮影中に誰でも撮れるカメラを託してみたら、とてもユニークで愛のある写真が収められていた体験をnoteで公開しました。 今回は、その第二弾を登山で行ってみたので是非ご覧ください。 写真は視点。 その面白さが伝わる写真の数々です。 撮影者は、さやか氏。 アウトドア仲間の一人です。 天然記念の素質を持つ彼女が持つ語彙力は逸材。 ○ THERMAREST(サーマレスト)を「ザルマレスト」と読んでいたり。 ○ MSR

スキ
75

どこまでも真っ直ぐな

香川県には有名な建築家が建てた建物がいくつかあります。 借りているNikonのカメラ片手に建物に負けないくらい真っ直ぐに撮れるよう鼻息荒くして撮ってまいりました。 普段あまり気にもとめていない細部を追及すると芸術作品として生まれるのかもしれない。と、このカメラを通してそう感じたのでちょっとご紹介いたします。 【地中美術館(設計者:安藤忠雄)/直島】 コンクリート打放しと光と言えば安藤忠雄。 直島にある地中美術館が代表作の一つ。 地中美術館の壁はもちろんコンクリート打放し。陽

スキ
81

2023年版 横田裕市風景写真 卓上カレンダー発売します!

今年も卓上カレンダー作りました。 日曜はじまり|月曜はじまり 選べます。日曜はじまりか月曜はじまりかアンケートとっておきながら 手間が変わらないので両方作ることにしました。 お好きな方をお選びください。 カレンダーカードのみあります。通常木製のカードスタンドが付属しますが、何年も購入されている方はカードスタンドがたまっていってしまうので カレンダーカードのみの販売開始します。 カードだけの分少しお安くなります。 自分用や友人、家族へのプレゼントにもぜひ。サービスの都合上

スキ
29

1/3 風景写真家が阿寒湖の魅力を全力で紹介します。 基礎編

北海道釧路市・阿寒湖での滞在にて 私が心から感じたことを全部のせなボリュームでお届けします。 熱が入り最終的に写真が100枚以上、テキスト10,000文字の内容になってしまいましたが、読みやすさを考慮し記事を分割することにしました。以前1つのnoteで書いた内容を3分割でお届けします。このnoteは第1弾になります。 写真は滞在中撮影した3,000枚以上の中から、阿寒湖に行ってみたいと思って頂けるような自然の美しい作品を多く選びました。 今回 阿寒湖には、2020年の1

スキ
107

スマホの本気 #GooglePixel7Pro で皆既月食を撮ってみたら想像以上にスゴかった

11月8日は皆既月食 せっかくなのでGoogleの最新スマートフォンGooglePixel7Proの性能を試そうと撮ってみたら、写真が想像以上だったのでまとめました。 まずお手並み拝見ということで 30倍の超解像ズームで欠け始めた月を撮影エッッッッッッッ こんな綺麗に撮れるの?? 流石に映りすぎて感動しました。。 スマートフォンのカメラでここまで撮れちゃうのかと。 ちなみに露出調整がとても難しいので大体は以下のようになります。 調整難しい。。。 皆既の始まりからト

スキ
227

はじめてフィルムカメラを使うあなたへ2022版

こんにちは フィルムカメラ大好きTKです  先日東京でお仲間に誘われて参加した国産二眼レフ写真展は大盛況のうちに無事終了しました  ああ楽しかった、、写真展にはフィルムユーザーも数多くご来場いただきました 意外だったのがフィルムカメラを使ったことがない方もマニアックな国産二眼レフ写真展にきてくださっていたことです 在廊中にフィルムの写真っていいですね、フィルムカメラ気になりますというポジティブなお言葉をたくさんいただきました 会期中はカラーフィルムは高い、どこにもないんで

スキ
135

僕が写真を撮るときになんとなく考えていること。

ふと、カメラを持ち始めて、そろそろ1年経つことに気づいた。 旅が好きで、あちこち行くときに、カメラを持っていくだけで、その旅が華やかになった気がした。そんな些細な気づきがきっかけで、1年前から旅には必ずカメラを持っていっている。 そんな、カメラ歴も大したことないだけれど、1年間、いろんな場所で、いろんな写真を撮ってきて、いろいろ思うことがある。 ここでは、いつも僕が写真を撮るときに考えていることを文字に起こしてみようと思う。 こんな立派なタイトルの記事は、玄人のフォト

スキ
241

【CineStill 400D】映画用フィルムって面白い!

ドイツに住む友だちのステファニーから「ありあ、ドイツに面白いフィルム売っているから送るね!」とメッセージが届いたのは、先々月のことです。 深夜に送られてきたメッセージに、眠い目をこすりながら「ありがとう」とだけ返信したわたし。 これが、 2022年春に発売されたCineStill 400Dというカラーネガフィルムだったと知るのは、ステファニーから届いたボロボロのダンボール箱を開けてからのことでした。 さまざまなフィルムの生産終了のお知らせがSNSで流れてくる中で、Cin

スキ
132

ストリート写真における自分らしい撮影スタイルを考える。

貴方のスタイルは何ですか? アイリスです。 ——本題—— 僕が普段ストリート写真を中心に撮影している手前、 という2つのスタイルを使い分けているつもりでいます。 今回はその二つのスタイルについて良いところや悪いところを書きつつ、あくまで僕目線の自分らしい撮影スタイルを考えてみます。 待つスタイルこのスタイルは、既に自分の頭の中で全ての構図が完結している状態の時に使います。 「こういう風景にこういう要素が欲しい」と完全に想像できた上で、あとはそのタイミングを見計らっ

スキ
132

1枚の写真を制作するのに3年もかかってしまった、その記録。 "Light Sculpture"

丸山です。 先日、ウェリントンのビクトリア大学で「Light Sculpture」プロジェクトを紹介する機会を得ました。技術的な内容が多かったのですが、思いのほか好評でしたので、内容を一部整理して、こちらでもご紹介したいと思います。 水を撮ることの難しさ、面白さを感じていただければ幸いです。 Light SculptureHave You Ever Really Seen a Rainbow?  As I zoomed in, I realized what was t

スキ
210

シンガポールで巡るBurger SHOP&Cafe Bar&フィルム写真。

こんにちは、例の超大型台風が去ってから急に涼しくなりましたね。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 僕は割と元気に過ごさせていただいております。 現在、日本で過ごしているのですが、シンガポール滞在中に撮影したフィルムが 現像所から返ってきたので、いくつかオススメのお店をフィルム写真で ご紹介したいと思います。 前回はカフェをメインにご紹介しましたが、今回はフードもいろいろ選べるカフェやダイナーなどを見繕ってみました。 ちょっと長くなりますが、最後まで見ていただけると幸いです

スキ
93

写真館は、ずっと先のお客様の大切な記憶にかかわる仕事です

鈴木心です。本日は珍しく雑誌の撮影で京都でございますどす。今回は写真家らしいお話です。 写真を撮ること昨日は鈴木指名の写真館の撮影が2件あり、写真館としての覚悟を問われる1日でした。一件目のご家族はなんと8名。お子さん2名と両家族の祖父母まで。カット数が多く90分のご予約。生まれたての赤ちゃんを囲むご家族の撮影。途中お姉ちゃんがなかなかいうことを聞いてくれないも、スタッフのコミュニケーションもあって、プリントには辿り着け後日発注でなんとかゴール。 何度も諦めようと思うこと

スキ
85