TheBazaarExpress115、『ピアノはともだち~奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』青い鳥文庫版、あとがき

TheBazaarExpress115、『ピアノはともだち~奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』青い鳥文庫版、あとがき

拝啓 辻井伸行様

 日本では山滴る季節となりました。

 今日はどこの旅の空ですか? 演奏会は順調に進んでいますか? お客様の反応はいかがでしょうか。各地で美味しいものを食べているのでしょうね。

 君の本を書かせてもらってから、5年の月日が流れました。あの頃君は世界での演奏旅行が始まったばかりで、いろいろな国の音楽祭や小さな街のコンサート・ホールで演奏を繰り返していましたね。

 それが今ではロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールやニューヨークのカーネギーホールなどで、世界の超一流の演奏家と肩を並べてコンサートを開くようになりました。

 二十歳の時のヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールでの優勝も素晴しいことだったけれど、その後の成長もまた素晴しい。新聞やテレビ、インターネットなどで君の活躍のニュースを目にするたびに、私は自分のことのように嬉しく思っています。

 そしてもう一つ、すごく嬉しいことがあります。 毎年9月13日。私は一通のメールを出します。「のぶくん、誕生日おめでとう。今年も素敵な演奏を聴かせてくださいね」

この続きをみるには

この続き: 357文字

TheBazaarExpress115、『ピアノはともだち~奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』青い鳥文庫版、あとがき

ノンフィクション作家神山典士

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぜひシェアをお願いします!
96年「ライオンの夢、コンデ・コマ=前田光世伝」で小学館ノンフィクション賞優秀賞。12年「ピアノはともだち、奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密」で全国読書感想文コンクール課題図書。14年「佐村河内事件」報道で、第45回大宅壮一ノンフィクションン賞受賞。異文化、アウトロー、表現者を描く