見出し画像

じょーろ

少しずつ、秋めいてきました。
夏は庭のお花たちへの水遣りが大変でしたが、それももうしばらく。

私は水遣りは好きです。
朝水遣りをする。植物が目を覚まし光合成を始める。すべての始まり、生命への慈しみ、この世のシンプルさを感じます。
この気持ちを誰かと語り合って「そうそう!そうだよね!」と言われたことはありませんが、私が「うんうん」と思った詩をご紹介します。

 「じょろ」    小林 純一
 
 じょろ、という字はね、
 如(じょ)、雨(う)、露(ろ) と書くんだよ、
 雨降る如く、
 露おく如く……
 ね、
 水をまくのじゃなく、
 雨を降らすように、
 やわらかく、やわらかく……
 ヨシコも やってごらん。
 
 そう、そう、
 しゃわ しゃわ しゃわ
 しゃわ しゃわ しゃわ
 ほら、
 葉っぱが 声をあげているだろう。
 草が からだをくねらせて いるだろう、
 花びらが 輝きだしたろう、
 うれしいのさ、喜んでいるのさ。
 
 じょろで、雨を降らせているとき、
 人は神さまになる……
 え、天使のほうが いい?
 そう、子どもだったら 天使になる……
 やさしい 気持ちになって、
 やさしい 顔になって……。
 
 おぼえておおき、
 じょろは 如雨露
 水をまくんじゃないんだよ、
 雨を そそぐんだよ、
 露を うるおすんだよ。
 しゃわ しゃわ しゃわ
 しゃわ しゃわ しゃわ
 やわらかく、やわらかく。
    (詩集『茂作じいさん』1978年刊)

#水遣り #ガーデニング #生命体としての植物 #朝の営み #じょろ #ジョーロ #小林純一 #すてきな詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
理想の庭は十人十色。乃庭ではお客様のイメージする理想をより具体的に「〇〇の庭」として表現し、お客様がイメージするライフスタイルを過ごす事のできる空間造りを大切にしています。また、不定期に茶道活動「六林会」の情報も発信していきます。 https://niwa.life
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。