フレッツVPNワイド 導入ガイド
見出し画像

フレッツVPNワイド 導入ガイド

IP実践道場

NTTのフレッツVPNワイドについて、どんな特徴があるか、実際導入する場合のネットワークの設計や注意点などを解説していこうと思います。

インターネットVPNとフレッツVPNワイドの違い


まず、インターネットVPNとの違いですが、
以下に、ネットワークイメージの図を示します。
図1がインターネットVPN、図2がフレッツVPNワイドを表したものです。

図1
図2

フレッツVPNワイドは、いわゆるIP-VPNサービスといわれるもので、
インターネットを経由せずに、NTTの設備の中で接続しているので、閉じられたネットワーク閉域網でのVPNサービスになります。

そのため、盗聴や改ざんなどのリスクは、インターネットVPNに比べると低いと考えられよりセキュリティの高い拠点間通信をしたい場合に、
インターネットVPNではなく、フレッツVPNワイドが選択されます。

フレッツVPNワイドの特徴

ユーザーID

フレッツVPNワイドを契約して開設すると、開設したタイミングで
接続に利用されるユーザIDが自動的に発行されます。
発行されるユーザID数は、契約プランによって異なりますが、
最小単位のプラン10というものなら、10ユーザ発行されます。
user01からuser10までが発行されます。

基本的には、1回線に1ユーザを割り当てて利用しますので、プラン10なら、最大10拠点 VPNワイドで拠点間通信の環境が構築できることになります。
ユーザーIDと回線を紐づけることで、その回線でのVPNワイドが開設されます。

管理者と参加者

デフォルトでは、user01が管理者、他のユーザーIDは、参加者というものとなり、user01を割り当てた回線が管理者拠点ということになりますが、
管理者と参加者と言っても、ネットワーク構成上の違いは何もありません。

図3

違いは、管理者に割りあった回線からのみ、カスタマコントールというものにアクセスでき、そこでVPNワイドの接続パスワードの変更や払い出しIPアドレスの変更ができるという違いがあります。
それ以外の違いは特にありません。

この続きをみるには

この続き: 3,483文字 / 画像4枚

フレッツVPNワイド 導入ガイド

IP実践道場

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
IP実践道場
某IT企業でSEをやっています。ネットワークスペシャリスト 情報処理安全確保支援士の資格を取得しました。 主にネットワークエンジニア向けの実践的な情報を紹介します。